『クレア・マーティン & ケニー・バロン/トゥー・マッチ・イン・ラヴ・トゥ・ケア』
text by Kimio OIKAWA

LINN/UK東京エムプラス/ SACD / AKD390
3,100円(税込)

クレア・マーティン(vo)
ケニー・バロン(p)
ピーター・ワシントン(b)
ケニー・ワシントン(ds)
スティーヴ・ウィルソン(sax, fl)

1. Too Much in Love to Care (恋に落ちたら)
2. Embraceable You (君を抱いて)
3. Weaver of Dreams (夢織人)
4. Crazy He Calls Me
5. You Turned the Tables on Me
6. How Long has This Been Going On? (いつの頃からか)
7. Lazy Afternoon (まどろみの昼下がり)
8. Time After Time
9. A Time for Love
10. I Only Have Eyes for You (瞳は君ゆえに)
11. I’m Glad There is You
12. Wonder Why
13. Too Late Now

録音:Calum Malcolm 2011年9月@アバター・スタジオ、NYC
マスタリング:Julia Thomas
プロデューサー:Philip Hobbs & Calum Malcolm

DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音

静けさから、とてつもなく鮮明なサウンドが飛び出す。音に、新鮮さという表現がいいか迷うが、まさにマイクロフォンから直接スピーカーに飛び込んだような音だ。録り立て、生き生きしたサウンドがほとばしる。声の質感はマイクに飛び込んだ音そのもの。
印象に強く焼き付くのはピアノ。鮮明にしてピアノの特質を生かし切ったマイクの選択とアレンジが見えて来る。余韻にピアノの骨格がしっかりと乗っていて強い印象を受け、それが持続する。DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音と評価したい。この音は、オーディオ・チューニングの必須と言える。
ドラムスのオンマイク処理ののけぞるくらいリアルに迫ってくるミックスは、耳にとげが刺さる感触だ。瞬発力が衰えることなく、まっすぐな感触がたまらない。
トリオを支えるベースは、これまた凄い印象を与える。弦のはじける様を実直に捉え、空間の印象より直接音で勝負を掛けたマイキングだ。音像的にも強力な印象を与える仕掛けと意図が聞け、音量を絞ってもベースの存在感は大きい。フルート、サックスのさっぱりした音質と音像の扱いは、ボーカル録音の配慮と推察するが、こだわりの音が欲しかった。

* 試聴サイト
http://www.linnrecords.com/recording-too-much-in-love-to-care.aspx

及川公生:1936年、福岡県生まれ。FM東海(現・FM東京)を経てフリーの録音エンジニアに。ジャスをクラシックのDirect-to-2track録音を中心に、キース・ジャレットや菊地雅章、富樫雅彦、日野皓正、山下和仁などを手がける。2003年度日本音響家協会賞を受賞。現在、音響芸術専門学校講師。著書にCD-ROMブック「及川公生のサウンド・レシピ」(ユニコム)。

JAZZ TOKYO
WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW4.26 '15

FIVE by FIVE
#1196『辛島文雄ピアノソロ/エブリシング・アイ・ラヴ』(ピットインレーベル)望月由美| #1197『Steve Turre/Spiritman』(Smoke Sessions Records)常盤武彦| #1198『Miguel Zenón/Identities are Chageable』(miel music)常盤武彦| #1199『Rudresh Mahanthappa/Bird Calls』(The ACT Company)常盤武彦| #1200『E. J. Strickland Quintet/The Undying Spirit』(Strik Muzik)常盤武彦| #1201『Andrew Drury/The Drum』『Andrew Drury/Content Provider』(Soup And Sound Recordings)細田成嗣| #1202『Harris Eisenstadt/Golden State II』(Songlines)剛田武| #1203『Tomas Fujiwara & The Hook Up/After All Is Said』(482 Music)剛田武&多田雅範| #1204『Jakob Bro/Gefion』(ECM)多田雅範| #1205『ブルックナー:交響曲第0番 ニ短調 WAB.100』(DENON/日本コロムビア)藤原聡| #1206『キース・ジャレット/バーバー:ピアノ協奏曲、バルトーク:ピアノ協奏曲第3番』(ECM/ユニバーサル)神野秀雄

COLUMN
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter38「市野元彦」望月由美| 撮っておきの音楽家たち #105「グスターボ・ドゥダメル」(指揮者・作曲家)林喜代種| 撮っておきの音楽家たち #106「高関 健」(指揮者)林喜代種| 及川公生の聴きどころチェック#225『ジョン・ブッチャー/逃げ水』(Uchimizu Records)

JAZZ RIGHT NOW:
Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークから)#02:「リズムの時代」剛田武| 「ニューヨーク・シーン最新リリース情報」シスコ・ブラッドリー| 特別寄稿:「ニューヨーク、冬の終わりのライヴ日記」齊藤聡| 「トマス・フジワラ・インタビュー」シスコ・ブラッドリー

INTERVIEW
#135「小橋敦子」(ピアニスト)稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#798「河村尚子ピアノ・リサイタル」佐伯ふみ| #799「オペラ『双子の星』〜東日本大震災復興応援公演〜」林喜代種| #800「ボリス・ギルトブルグ ピアノ・リサイタル」丘山万里子| #801「新国立劇場 新制作 プッチーニ『マノン・レスコー』」佐伯ふみ| #802「下山静香ピアノ・リサイタル」悠雅彦| #803「小菅優 ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲演奏会シリーズ最終回(全8回)」丘山万里子| #804「オーケストラ・アンサンブル金沢 第31回東京定期公演」藤原聡| #805「 Special Spring Jazz Live ! 〜 TOKYO BIG BAND directed by Jonathan Katz」悠雅彦| #806「ロサンゼルス・フィルハーモニック来日公演」藤原聡| #807「東京・春・音楽祭−東京のオペラの森2015−リヒテルに捧ぐW(生誕100年記念) ボロディン弦楽四重奏団 with エリーザベト・レオンスカヤ」佐伯ふみ| #808「メリアナ featuring ブラッド・メルドー&マーク・ジュリアナ」神野秀雄| #809「ジャカルタ・インターナショナル・ジャワ・ジャズ・フェスティバル2015」神野秀雄

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.