『クレア・マーティン & ケニー・バロン/トゥー・マッチ・イン・ラヴ・トゥ・ケア』
text by Kimio OIKAWA

LINN/UK東京エムプラス/ SACD / AKD390
3,100円(税込)

クレア・マーティン(vo)
ケニー・バロン(p)
ピーター・ワシントン(b)
ケニー・ワシントン(ds)
スティーヴ・ウィルソン(sax, fl)

1. Too Much in Love to Care (恋に落ちたら)
2. Embraceable You (君を抱いて)
3. Weaver of Dreams (夢織人)
4. Crazy He Calls Me
5. You Turned the Tables on Me
6. How Long has This Been Going On? (いつの頃からか)
7. Lazy Afternoon (まどろみの昼下がり)
8. Time After Time
9. A Time for Love
10. I Only Have Eyes for You (瞳は君ゆえに)
11. I’m Glad There is You
12. Wonder Why
13. Too Late Now

録音:Calum Malcolm 2011年9月@アバター・スタジオ、NYC
マスタリング:Julia Thomas
プロデューサー:Philip Hobbs & Calum Malcolm

DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音

静けさから、とてつもなく鮮明なサウンドが飛び出す。音に、新鮮さという表現がいいか迷うが、まさにマイクロフォンから直接スピーカーに飛び込んだような音だ。録り立て、生き生きしたサウンドがほとばしる。声の質感はマイクに飛び込んだ音そのもの。
印象に強く焼き付くのはピアノ。鮮明にしてピアノの特質を生かし切ったマイクの選択とアレンジが見えて来る。余韻にピアノの骨格がしっかりと乗っていて強い印象を受け、それが持続する。DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音と評価したい。この音は、オーディオ・チューニングの必須と言える。
ドラムスのオンマイク処理ののけぞるくらいリアルに迫ってくるミックスは、耳にとげが刺さる感触だ。瞬発力が衰えることなく、まっすぐな感触がたまらない。
トリオを支えるベースは、これまた凄い印象を与える。弦のはじける様を実直に捉え、空間の印象より直接音で勝負を掛けたマイキングだ。音像的にも強力な印象を与える仕掛けと意図が聞け、音量を絞ってもベースの存在感は大きい。フルート、サックスのさっぱりした音質と音像の扱いは、ボーカル録音の配慮と推察するが、こだわりの音が欲しかった。

* 試聴サイト
http://www.linnrecords.com/recording-too-much-in-love-to-care.aspx

及川公生:1936年、福岡県生まれ。FM東海(現・FM東京)を経てフリーの録音エンジニアに。ジャスをクラシックのDirect-to-2track録音を中心に、キース・ジャレットや菊地雅章、富樫雅彦、日野皓正、山下和仁などを手がける。2003年度日本音響家協会賞を受賞。現在、音響芸術専門学校講師。著書にCD-ROMブック「及川公生のサウンド・レシピ」(ユニコム)。

JAZZ TOKYO
WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW7.26 '15

FIVE by FIVE
#1234『マンボ・イン/ファイヴ・ブラザーズ』(MIP/アオラ) 小西敬一| #1235『奥平真吾/The New Force+1 This is New〜Live at Shinjuku PIT INN』(PitInn) 望月由美| #1236『Charlie Hunter Trio / Let The Bells Ring On』(Charlie Hunter Music) 常盤武彦 | #1237『Pete Rodriguez / El Conde Negro』(DESTINY RECORDS)常盤武彦| #1238『大凶風呂敷 DaiKyoFuroShiki/YUU 』(A Wild Flesh Productions) 剛田 武| #1239『望月治孝・近藤秀秋 / el idioma infinito』剛田 武| #1240『Charenee Wade / Offering The Music of Gil Scott-Heron and Brian Jackson』 (motéma music) 常盤武彦| #1241『Candice Hoyes / On a Turquoise Cloud』悠 雅彦

COLUMN
追悼特集 オーネット・コールマン R.I.P. Ornette Coleman
悠雅彦 Masahiko Yuh|カール・ベルガー Dr.Karl Berger|ロベルト・マゾッティ Roberto Masotti|オスカー・デリック・ブラウン Oscar Deric Brown|杉田誠一 Seiichi Sugita|望月由美 Yumi Mochizuki|常盤武彦 Takehiko Tokiwa|剛田 武 Takeshi Goda|小橋敦子 Atsuko Kohashi|稲岡邦弥 Kenny Inaoka|メモリアル Memorial

連載フォト・エッセイ:Reflection of Music 40「姜泰煥@宇都宮市be off 2014」横井一江| 特別寄稿 「アンダルシアへ――フラメンコギター留学記」関根彰良| 及川公生の聴きどころチェック#235『ロバート・グラスパー/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル・ミュージック)| 及川公生の聴きどころチェック#236『Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields』(artistShare )| 及川公生の聴きどころチェック#237『近藤秀秋/ASYL:アジール』(PSF Records)| 及川公生の聴きどころチェック#238『矢野沙織/Bubble Bubble Bebop』(日本コロムビア)| 及川公生の聴きどころチェック#239『Michiru/空話集 〜アレゴリア・インフィニータ』 (MICHIRU WORKS)| 及川公生の聴きどころチェック#240『高樹レイ with 中牟礼貞則/DUO-one』(Uplift Jazz Record)

JAZZ RIGHT NOW:
Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークから)#05: 「若者の主張」剛田武| 「連載第5回: ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報」シスコ・ブラッドリー| 「よしだののこのNY日誌 第3回」吉田野乃子| 「クリス・ピッツイオコス・インタビュー」シスコ・ブラッドリー

INTERVIEW
#140 末富健夫 Takeo Suetomi (ちゃぷちゃぷミュージック主宰)| #141 クリス・ピッツイオコスChris Pitsiokos (サクソフォン奏者|作曲家|即興演奏家)

EVENT
Racha Fora ハシャ・フォーラ CD『ハシャ・ス・マイルス』 発売記念ジャパン・ツアー2015

CONCERT/LIVE REPORT
#833「マイク・スターン・バンド featuring ヴィクター・ウッテン、ボブ・フランセスチーニ&ウィル・カルホーン」神野秀雄| #834「アート・リンゼイズ・レストレス・サンバguest :ジム・オルーク」神野秀雄| #835「横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ43〜竹澤恭子 堤剛 児玉桃」神野秀雄| #836「藤井郷子 3DAYS@新宿 Pit Inn」悠 雅彦| #837「初夏の風はジャズの薫り2015」竹ノ内和久| #838「NYの尖鋭・吉田ののこ/色彩の舞踏・航×Praha」剛田 武

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.