『クレア・マーティン & ケニー・バロン/トゥー・マッチ・イン・ラヴ・トゥ・ケア』
text by Kimio OIKAWA

LINN/UK東京エムプラス/ SACD / AKD390
3,100円(税込)

クレア・マーティン(vo)
ケニー・バロン(p)
ピーター・ワシントン(b)
ケニー・ワシントン(ds)
スティーヴ・ウィルソン(sax, fl)

1. Too Much in Love to Care (恋に落ちたら)
2. Embraceable You (君を抱いて)
3. Weaver of Dreams (夢織人)
4. Crazy He Calls Me
5. You Turned the Tables on Me
6. How Long has This Been Going On? (いつの頃からか)
7. Lazy Afternoon (まどろみの昼下がり)
8. Time After Time
9. A Time for Love
10. I Only Have Eyes for You (瞳は君ゆえに)
11. I’m Glad There is You
12. Wonder Why
13. Too Late Now

録音:Calum Malcolm 2011年9月@アバター・スタジオ、NYC
マスタリング:Julia Thomas
プロデューサー:Philip Hobbs & Calum Malcolm

DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音

静けさから、とてつもなく鮮明なサウンドが飛び出す。音に、新鮮さという表現がいいか迷うが、まさにマイクロフォンから直接スピーカーに飛び込んだような音だ。録り立て、生き生きしたサウンドがほとばしる。声の質感はマイクに飛び込んだ音そのもの。
印象に強く焼き付くのはピアノ。鮮明にしてピアノの特質を生かし切ったマイクの選択とアレンジが見えて来る。余韻にピアノの骨格がしっかりと乗っていて強い印象を受け、それが持続する。DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音と評価したい。この音は、オーディオ・チューニングの必須と言える。
ドラムスのオンマイク処理ののけぞるくらいリアルに迫ってくるミックスは、耳にとげが刺さる感触だ。瞬発力が衰えることなく、まっすぐな感触がたまらない。
トリオを支えるベースは、これまた凄い印象を与える。弦のはじける様を実直に捉え、空間の印象より直接音で勝負を掛けたマイキングだ。音像的にも強力な印象を与える仕掛けと意図が聞け、音量を絞ってもベースの存在感は大きい。フルート、サックスのさっぱりした音質と音像の扱いは、ボーカル録音の配慮と推察するが、こだわりの音が欲しかった。

* 試聴サイト
http://www.linnrecords.com/recording-too-much-in-love-to-care.aspx

及川公生:1936年、福岡県生まれ。FM東海(現・FM東京)を経てフリーの録音エンジニアに。ジャスをクラシックのDirect-to-2track録音を中心に、キース・ジャレットや菊地雅章、富樫雅彦、日野皓正、山下和仁などを手がける。2003年度日本音響家協会賞を受賞。現在、音響芸術専門学校講師。著書にCD-ROMブック「及川公生のサウンド・レシピ」(ユニコム)。

JAZZ TOKYO
WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW10.04 '14

FIVE by FIVE
#1127『Farmers By Nature : Gerald Cleaver・William Parker・Craig Taborn. / Love and Ghosts』 (AUM Fidelity AUM089/90) 多田雅範| #1128『People / 3x a Woman: The Misplaced Files』 (Telegraph Harp) 多田雅範/剛田武| #1129『チェカレリ、ピルク、ブラメリー/TWENTY』(Bonsai Music)望月由美| #1130『Ryan Keberle & Catharsis / Into The Zone』(Greenleaf Music) 常盤武彦| #1131『Orrin Evans / Liberation Blues 』(Smoke Sessions) 常盤武彦| #1132『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM) 多田雅範| #1133『ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)/J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(全曲)』(DGG/ユニバーサルミュージック) 藤原聡| #1134『アントニオ・サンチェス / スリー・タイムス・スリー〜フィーチャリング・ブラッド・メルドウ-ジョン・スコフィールド-ジョー・ロバーノ』(CAM Jazz/キング・インターナショナル) 多田雅範| #1135『TReS /La Luna Roja (アルゼンチンの赤い月)』(ンバギ) 悠雅彦| #1136 『Jeff Denson & Joshua White / I’ll Fly Away』(pfMentum) 伏谷佳代| #1137『陰猟腐厭/初期作品集 1980-82』(EM Records) 剛田武| #1138『陰猟腐厭/抱握』(EM Records) 剛田武| #1139『佐藤允彦トリオ / 童心戯楽』 (BAJ Records) 横井一江| #1140『Akira Sakata, Johan Berthling, Paal Nilssen-Love / ARASHI』(Trost Records) 横井一江

COLUMN
緊急追悼特集 ケニー・ホイーラー:エンジェル・ソングス(ECM:マンフレート・アイヒャー/スティーヴ・レイク)|音楽とインスピレーションをありがとう(ヤコブ・ブロ)|心より So long!(高瀬アキ)|またひとつの個性が旅立った(横井一江)|Azimuthのライヴとクリニック(神野秀雄)|RIP(ロベルト・マゾッティ|車輪職人さん、さようなら(神子直之)|僕のいちばん好きなアルバム(稲岡邦弥)|巨匠逝く(アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ)
追悼 副島輝人(続):「常に新しきもの″を求めて ―ニュージャズホールからメールスまで―」玉井新二
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter 35.「石井彰」望月由美| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.91「浦邊雅祥 (アルトサックス奏者)」| 撮っておきの演奏家たち #93「岩崎 淑(ピアニスト)」林喜代種| 撮っておきの演奏家たち #94「ロリン・マゼール(指揮者)」林喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #39 「カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・セレブレーション」竹村洋子| オスロに学ぶ Vol.23 「オスロ・ジャズ・フェスティバル 2014」 田中鮎美| ある音楽プロデューサーの軌跡 #31「反逆のジャズ・シリーズ」稲岡邦弥| 及川公生の聴きどころチェック #203「『TRIO 3 + Vijay Iyer / Wiring』(Intakt)| 及川公生の聴きどころチェック #204「『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM)| 及川公生の聴きどころチェック #205『マンハッタン・ジャズ・オーケストラ/ボレロ』(Paddle Wheel)| 及川公生の聴きどころチェック #206『C.U.G.ジャズ・オーケストラ/Twenty Five and Counting!』(CUG Records)| LiveEvil 「001: ビッグバンドで甦る小学唱歌| 002: ミラノ・チャリティー・コンサートにまつわる忌まわしい事件を思い出す| 003: ふたりのアヴィシャイ・コーエン」稲岡邦弥

INTERVIEW
#129 来日直前緊急インタヴュー「ヤコブ・ブロ(ギタリスト)」 稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#710「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」 悠雅彦| #711「亀山香能・箏曲リサイタル〜江戸のヒットメーカー山田検校を聴く」悠 雅彦| #712「グンジョーガクレヨン+橋本孝之(.es)」 剛田 武| #713「作曲家の肖像」シリーズVol.98〈ビゼー〉」 藤原 聡| #714「藤井昭子/地歌 Live (第70回記念公演)」悠 雅彦| #715「オリヴィエ・メシアン ハラウィ〜愛と死の歌〜」藤堂 清| #716「三善晃/オペラ『遠い帆』」 丘山万里子| #717「第35回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」佐伯ふみ| #718「高瀬アキ with ハン・ベニンク『Two for Two』」悠 雅彦| #719『JAZZ ART せんがわ2014』 横井一江| #720『JAZZ ART せんがわ2014』 多田雅範| #721『JAZZ ART せんがわ2014』 剛田 武| #722「灰野敬二ライブ」 剛田 武| #723「第13回 東京ジャズ祭 2014」 悠 雅彦| #724「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神子直之| #725「ジャケス・モレレンバウム、パウラ・モレレンバウム & 伊藤ゴロー」 神野秀雄| #726「塩谷哲トリオ “ライヴ 2014”」 神野秀雄| #727「シカゴ・ジャズ・フェスティバル〜ゲイリー・バートン&トム・ハレル」 神野秀雄| #728 「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2014 ジャパン・デイ」 神野秀雄

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.