『クレア・マーティン & ケニー・バロン/トゥー・マッチ・イン・ラヴ・トゥ・ケア』
text by Kimio OIKAWA

LINN/UK東京エムプラス/ SACD / AKD390
3,100円(税込)

クレア・マーティン(vo)
ケニー・バロン(p)
ピーター・ワシントン(b)
ケニー・ワシントン(ds)
スティーヴ・ウィルソン(sax, fl)

1. Too Much in Love to Care (恋に落ちたら)
2. Embraceable You (君を抱いて)
3. Weaver of Dreams (夢織人)
4. Crazy He Calls Me
5. You Turned the Tables on Me
6. How Long has This Been Going On? (いつの頃からか)
7. Lazy Afternoon (まどろみの昼下がり)
8. Time After Time
9. A Time for Love
10. I Only Have Eyes for You (瞳は君ゆえに)
11. I’m Glad There is You
12. Wonder Why
13. Too Late Now

録音:Calum Malcolm 2011年9月@アバター・スタジオ、NYC
マスタリング:Julia Thomas
プロデューサー:Philip Hobbs & Calum Malcolm

DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音

静けさから、とてつもなく鮮明なサウンドが飛び出す。音に、新鮮さという表現がいいか迷うが、まさにマイクロフォンから直接スピーカーに飛び込んだような音だ。録り立て、生き生きしたサウンドがほとばしる。声の質感はマイクに飛び込んだ音そのもの。
印象に強く焼き付くのはピアノ。鮮明にしてピアノの特質を生かし切ったマイクの選択とアレンジが見えて来る。余韻にピアノの骨格がしっかりと乗っていて強い印象を受け、それが持続する。DSD 録音の神髄を出し切っている最も優れた録音と評価したい。この音は、オーディオ・チューニングの必須と言える。
ドラムスのオンマイク処理ののけぞるくらいリアルに迫ってくるミックスは、耳にとげが刺さる感触だ。瞬発力が衰えることなく、まっすぐな感触がたまらない。
トリオを支えるベースは、これまた凄い印象を与える。弦のはじける様を実直に捉え、空間の印象より直接音で勝負を掛けたマイキングだ。音像的にも強力な印象を与える仕掛けと意図が聞け、音量を絞ってもベースの存在感は大きい。フルート、サックスのさっぱりした音質と音像の扱いは、ボーカル録音の配慮と推察するが、こだわりの音が欲しかった。

* 試聴サイト
http://www.linnrecords.com/recording-too-much-in-love-to-care.aspx

及川公生:1936年、福岡県生まれ。FM東海(現・FM東京)を経てフリーの録音エンジニアに。ジャスをクラシックのDirect-to-2track録音を中心に、キース・ジャレットや菊地雅章、富樫雅彦、日野皓正、山下和仁などを手がける。2003年度日本音響家協会賞を受賞。現在、音響芸術専門学校講師。著書にCD-ROMブック「及川公生のサウンド・レシピ」(ユニコム)。

JAZZ TOKYO
WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW12.17 '14

FIVE by FIVE
#1154『FRANCK AMSALLEM SINGS VOL.2』(FRAM)悠雅彦| #1155『Jonathan Kreisberg / Wave Upon Wave 』(New For Now Music)常磐武彦| #1156『Steve Wilson & Lewis Nash Duo / Duologue 』 (MCG Jazz)常磐武彦| #1157『Rolf Kuehn / Timeless Circle』(Intuition)伏谷佳代| #1158『非常階段 featuring ゆるめるモ!/解体的交歓〜真夜中のヘヴィ・ロック・パーティ〜』(TEICHIKU)剛田武| #1159『松風紘一/GOOD NATURE』(メモリーエフ企画/ユニバーサル・ミュージック)望月由美| #1160『ケイ赤城トリオ/CIRCLEPOINT』RED CASTLE MUSIC/CD baby(USA) TIME&STYLE/ディスク・ユニオン(国内)望月由美| #1161『Mostly Other People Do the Killing / Blue』(Hot Cup)細田成嗣| #1162ニューヨーク・ハードコア・ジャズ・シーンを知るための4枚のアルバム『Charity Chan, Peter Evans, Tom Blancarte, Weasel Walter / CRYPTOCRYSTALLINE』(ugEXPLODE) 『Sandy Ewen, Damon Smith, Weasel Walter』(ugEXPLODE)『Mary Halvorson, Kirk Knuffke, Matt Wilson / SIFTER』(Relative Pitch Records) 『Steve Lehman Octet / Mise En Abîme』(PI RECORDINGS) 剛田武| #1163『Alexander von Schlippenbach - Aki Takase/So Long, Eric!〜Homage to Eric Dolphy』横井一江| #1164(EX)『この1枚 2014(国内編)』| #1165(EX)『この1枚 2014(海外編)』

COLUMN
連載フォト・エッセイ:音の見える風景Chapter 36「本田珠也」望月由美| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.93「三上 寛」| 撮っておきの音楽家たち #97 「マリオ・ブルネロ」(チェリスト)林喜代種| 撮っておきの音楽家たち #98 「アルヴォ・ペルト」(作曲家)林喜代種| YUMI'S ALLEY 27「祝20周年!阿佐谷ジャズストリート2014」望月由美| カンザスシティの人と音楽 #40「カンザスシティ・ロイヤルズ〜私を野球に連れて行って!」竹村洋子| オスロに学ぶ Vol.24「ノルウェーの若手トリオ-Lana Trio」 田中鮎美| Live Evil:稲岡邦弥007「LUX - Unni Løvlid & Håkon Thelin コンサート」| 008「ハシャ・フォーラ」| 009「ミャンマー(ビルマ)の伝統音楽の魅力〜サインワイン・アンサンブル:演奏と歌とダンスの織りなす世界」| 及川公生の聴きどころチェック #210『BRIDGE / Fly Beyond』(Deep River Records)| 及川公生の聴きどころチェック #211『中谷泰子/Yasuko meets Lewis at Mister Kelly’s』(duLuck Jazz)| 及川公生の聴きどころチェック #212『道場(八木美知依+本田珠也)/壱の巻』(Idiolect)

INTERVIEW
#131 「カール・ベルガー」(piano, vibraphone, composer, conductor) 稲岡邦弥

GALLERY
#30「セックストーイ」稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#740「ロベルタ・マメリ&ラ・ヴェネシアーナ 〜ある夜に〜」藤堂清| #741「東京都交響楽団 第776回定期演奏会Bシリーズ 第777回定期演奏会Aシリーズ」藤原聡| #742「東京フィルハーモニー交響楽団〜サントリー定期シリーズ」悠雅彦| #743「日本フィルハーモニー交響楽団 第664回東京定期演奏会」藤原聡| #744「東京オペラプロデュース:ジョルダーノ『戯れ言の饗宴』」佐伯ふみ| #745「ポルタ・キウーサ(PORTA CHIUSA)meets メビウスの鳥 」悠雅彦| #746「小曽根 真&アルトゥーロ・サンドヴァル “Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団」神子直之| #747「細川俊夫『大鴉』」佐伯ふみ| #748「藤井泰和/地歌演奏会〜第20回記念」悠雅彦| #749「Red Bull Music Academy: Wails to Whispers」剛田武| #750「秩父4D」剛田武| #751「ティル・フェルナー《ウィーンからの風16》」藤原聡| #752「Sound Live Tokyo」剛田武| #753「ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団来日公演」藤原聡| #754「東京二期会オペラ劇場公演『アイナダマール(涙の泉)』藤堂清| #755「リヴィオ・ミナフラ・ピアノ・ソロ」神子直之| #756「マリア・シュナイダー・オーケストラ・サンクスギヴィング・ウィーク・レジデント・ギグ10周年@ジャズ・スタンダード 」常磐武彦| #757神野秀雄「ミカリンバ」featuring スティーヴ・ガッド、エディ・ゴメス、ジョン・トロペイ、リチャード・ストルツマン&デューク・ガッド| #758「このライヴ/コンサート 2014(国内編)」| #759「このライヴ/コンサート 2014(海外編)」

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.