Vol.20 | ハンス・ライヒェル @トータル・ミュージック・ミーティング2006
Hans Reichel @Total Music Meeting 2006
(C)2002 横井一江 Kazue YOKOI

 立川談志が亡くなったというニュースが2日遅れで流れた日の夜、新宿ピットインに出かけた。誰となく雑談しているうちに「だんしがしんだ」という話題になる。そこにやってきた内橋和久が暗い顔をして「ハンス・ライヒェルも亡くなった」と言う。ライヒェルはまだまだ現役な年齢の筈、と耳を疑った。しかし、残念ながらがガセネタではなく、翌日ドイツの地方紙でその訃報を読むことになる。
 ヴッパータールの自宅で亡くなったライヒェルであるが、同じ街に住むフリー・ミュージックのパイオニア、ペーター・ブロッツマンや故ペーター・コヴァルトとは、音楽性も生き方も異なった志向をもつミュージシャンだった。パワープレイを身上とし、咆哮するようにサックスを吹いていたブロッツマンとは違い、ライヒェルのギターから引き出す多彩なサウンドにはフリージャズのしがらみがなかった。また、異文化あるいはその土地に生きる音楽家との交流を求めて世界を旅したコヴァルトや各国の様々なミュージシャンと共演を重ねてきたブロッツマンと違い、ライヒェルはギターという楽器そのものの中にサウンドを求めていったといえるだろう。だから、FMPなどに残された彼の作品にはソロやデュオが多い。
 即興音楽のギタリストにはさまざまな革新者がいた。いわずと知れたアイコン、デレク・ベイリー、ギターを机の上に置いて演奏するテーブルトップ・ギターを始めたキース・ロウなど。彼らに共通しているのは奏法を拡大していったことだ。だが、ライヒェルはギターの改造に向かう。やがてそれにあきたらず、オリジナルのダブルネック・ギターを制作するに至る。板一枚にこだわり設計するところから、ギターという楽器のサウンドを追求していったのだろう。その過程を経るごとに、サウンドは純化していったように思える。そのライヒェルの制作したギターは木目やフォルムが美しく、工芸品としての格調を感じさせるものだった。彼にとってサウンド追求のプロセスは楽器制作から始まるもので、演奏行為はその最終段階にすぎなかったのかもしれない。
 また、木工作業は、ダクソフォンという副産物を生み出した。数々の形状の異なる木片をダックスと名付けたギターのフレット部分を切断し裏返したような器具で押さえ、弓弾きする。木片を置く台にはコンタクト・マイクが接続されていて、木片が出す音をピックアップするというしかけである。その原型を最初に見たのは1987年だった。メールス・ジャズ祭の最終日、音楽監督だったブーカルト・ヘネンが経営するクラブに、ちょうどヴッパータールに滞在していた早坂紗知らを連れてライヒェルが現れて、演奏した時である。その頃はまだ立って、ノコギリをひく時のような感じで弓を木片に当てて弾いていた。90年にメールス・ジャズ祭でライヒェルのプロジェクトを観たが、その時も同様の奏法だった。やがてダクソフォンもどんどん改良されていって、現在のような形状になり、座って弾くようになる。使用される木片も増えたが、その形はバリエーションに富んでいていずれも美しく、また、弓だけではなくブラシなども用いて演奏するようになった。

 

そのように進化したダクソフォンから彼が導き出すサウンドは、人の声に聞こえたり、森に住む動物の声や虫の鳴き声にも似ていたりして、とてもコミカルで不思議な味わいがある。それを多重録音して、木片が唄うオペレッタをつくってしまったのは1992年。それから約十年後にリリースされたオペレッタ2作目のCD『Yuxo: a new daxophone operetta』(a/l/l)は、とりわけ楽しいアルバムで私は一時よく聴いていたのである。
 ライヒェルのステージを十数年ぶりに観たのは2004年のベルリン・ジャズ祭だった。リュディガー・カールとのデュオで、ダクソフォンのユーモラスな木片の声とカールのアコーディオンとサックス、ヴォイスとのウィットの利いた対話がとても楽しかったことをよく覚えている。そして、2006年のトータル・ミュージック・ミーティングでの内橋和久とのダクソフォンとギターそれぞれのデュオがライヒェルを観た最後となってしまった。写真はその時に撮影したものである。
 ミュージシャンとしての顔の他に、ライヒェルはフォント・デザイナーとしての顔も持っていた。フォント・デザインを始めたきっかけは、70年代自分のコンサートのポスター、フライヤー、アルバム・ジャケットのデザインを手がけたことだったという。彼が創ったFF Daxなどのフォントは世界中のデザイナーに使用されているので、それと気づかぬうちにそのフォントをどこかで目にしているに違いない。その特徴のひとつを挙げるならば、aの右下のしっぽがなく、その部分がカーブになっていること。bやp、あるいはnなども同様である。そのような文字を見かけたら、ライヒェル作のフォントかもしれない。
 もはやライヒェルの奏でる音は録音でしか聴けなくなってしまったが、ドイツ的な職人気質が生み出したダクソフォンという楽器やフォントは今も生き続けていて、どこかでサウンドを奏でていたり、ポスターなどで使われているのである。
1949年5月10日ドイツ、ハーゲン生まれ、2011年11月22日ヴッパータールの自宅で死去。合掌。

横井一江:北海道帯広市生まれ。The Jazz Journalist Association会員。音楽専門誌等に執筆、 写真を提供。海外レポート、ヨーロッパの重鎮達の多くをはじめ、若手までインタビューを数多く手がける。 フェリス女子学院大学音楽学部非常勤講師「音楽情報論」(2002年〜2004年)。趣味は料理。

JAZZ TOKYO
WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW10.04 '14

FIVE by FIVE
#1127『Farmers By Nature : Gerald Cleaver・William Parker・Craig Taborn. / Love and Ghosts』 (AUM Fidelity AUM089/90) 多田雅範| #1128『People / 3x a Woman: The Misplaced Files』 (Telegraph Harp) 多田雅範/剛田武| #1129『チェカレリ、ピルク、ブラメリー/TWENTY』(Bonsai Music)望月由美| #1130『Ryan Keberle & Catharsis / Into The Zone』(Greenleaf Music) 常盤武彦| #1131『Orrin Evans / Liberation Blues 』(Smoke Sessions) 常盤武彦| #1132『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM) 多田雅範| #1133『ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)/J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(全曲)』(DGG/ユニバーサルミュージック) 藤原聡| #1134『アントニオ・サンチェス / スリー・タイムス・スリー〜フィーチャリング・ブラッド・メルドウ-ジョン・スコフィールド-ジョー・ロバーノ』(CAM Jazz/キング・インターナショナル) 多田雅範| #1135『TReS /La Luna Roja (アルゼンチンの赤い月)』(ンバギ) 悠雅彦| #1136 『Jeff Denson & Joshua White / I’ll Fly Away』(pfMentum) 伏谷佳代| #1137『陰猟腐厭/初期作品集 1980-82』(EM Records) 剛田武| #1138『陰猟腐厭/抱握』(EM Records) 剛田武| #1139『佐藤允彦トリオ / 童心戯楽』 (BAJ Records) 横井一江| #1140『Akira Sakata, Johan Berthling, Paal Nilssen-Love / ARASHI』(Trost Records) 横井一江

COLUMN
緊急追悼特集 ケニー・ホイーラー:エンジェル・ソングス(ECM:マンフレート・アイヒャー/スティーヴ・レイク)|音楽とインスピレーションをありがとう(ヤコブ・ブロ)|心より So long!(高瀬アキ)|またひとつの個性が旅立った(横井一江)|Azimuthのライヴとクリニック(神野秀雄)|RIP(ロベルト・マゾッティ|車輪職人さん、さようなら(神子直之)|僕のいちばん好きなアルバム(稲岡邦弥)|巨匠逝く(アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ)
追悼 副島輝人(続):「常に新しきもの″を求めて ―ニュージャズホールからメールスまで―」玉井新二
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter 35.「石井彰」望月由美| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.91「浦邊雅祥 (アルトサックス奏者)」| 撮っておきの演奏家たち #93「岩崎 淑(ピアニスト)」林喜代種| 撮っておきの演奏家たち #94「ロリン・マゼール(指揮者)」林喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #39 「カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・セレブレーション」竹村洋子| オスロに学ぶ Vol.23 「オスロ・ジャズ・フェスティバル 2014」 田中鮎美| ある音楽プロデューサーの軌跡 #31「反逆のジャズ・シリーズ」稲岡邦弥| 及川公生の聴きどころチェック #203「『TRIO 3 + Vijay Iyer / Wiring』(Intakt)| 及川公生の聴きどころチェック #204「『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM)| 及川公生の聴きどころチェック #205『マンハッタン・ジャズ・オーケストラ/ボレロ』(Paddle Wheel)| 及川公生の聴きどころチェック #206『C.U.G.ジャズ・オーケストラ/Twenty Five and Counting!』(CUG Records)| LiveEvil 「001: ビッグバンドで甦る小学唱歌| 002: ミラノ・チャリティー・コンサートにまつわる忌まわしい事件を思い出す| 003: ふたりのアヴィシャイ・コーエン」稲岡邦弥

INTERVIEW
#129 来日直前緊急インタヴュー「ヤコブ・ブロ(ギタリスト)」 稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#710「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」 悠雅彦| #711「亀山香能・箏曲リサイタル〜江戸のヒットメーカー山田検校を聴く」悠 雅彦| #712「グンジョーガクレヨン+橋本孝之(.es)」 剛田 武| #713「作曲家の肖像」シリーズVol.98〈ビゼー〉」 藤原 聡| #714「藤井昭子/地歌 Live (第70回記念公演)」悠 雅彦| #715「オリヴィエ・メシアン ハラウィ〜愛と死の歌〜」藤堂 清| #716「三善晃/オペラ『遠い帆』」 丘山万里子| #717「第35回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」佐伯ふみ| #718「高瀬アキ with ハン・ベニンク『Two for Two』」悠 雅彦| #719『JAZZ ART せんがわ2014』 横井一江| #720『JAZZ ART せんがわ2014』 多田雅範| #721『JAZZ ART せんがわ2014』 剛田 武| #722「灰野敬二ライブ」 剛田 武| #723「第13回 東京ジャズ祭 2014」 悠 雅彦| #724「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神子直之| #725「ジャケス・モレレンバウム、パウラ・モレレンバウム & 伊藤ゴロー」 神野秀雄| #726「塩谷哲トリオ “ライヴ 2014”」 神野秀雄| #727「シカゴ・ジャズ・フェスティバル〜ゲイリー・バートン&トム・ハレル」 神野秀雄| #728 「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2014 ジャパン・デイ」 神野秀雄

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.