カンザス・シティの人と音楽

41.カンザスシティ・ロイヤルズとカンザスシティ・シンフォニー・ディレクター、マイケル・スターン

2015年を迎え、新年に明るく楽しい話題を!
昨年、Jazz Tokyo203号のこのコラム#40で触れた、カンザスシティ・シンフォニーのマイケル・スターン氏のその後について、是非紹介したい。

2014年秋、29年ぶりにワールド・シリーズに出場したものの、惜しくもサンフランシスコ・ジャイアンツにやぶれ優勝を逃したカンザスシティ・ロイヤルズ。そのロイヤルズを応援したカンザスシティ・シンフォニーのディレクターを務めるマイケル・スターン氏は、ワールド・シリーズ第7戦の前に「もし、サンフランシスコ・ジャイアンツが最終戦に勝ったら、ジャイアンツのジャージーを着て、次のコンサートに臨む!」と、公言した。
ワールド・シリーズ終了後、11月半ばに、シンフォニーの本拠地であるカウフマン・パフォーミング・センター・オブ・アートに於いてコンサートがあった。

ジャケットをモコモコに着こんで現れたスターン氏は、「もし、サンフランシスコ・ジャイアンツが負けたらサンフランシスコ・シンフォニーはコンサートでロイヤルズカラーのブルーのジャージーを着ただろう。でも、ロイヤルズは本当にいい所まで行ったけれど勝てなかった。
ジャイアンツが勝ったのだから、私達は忠実に約束を果たそうじゃないか!サンフランシスコ・シンフォニーはカンザスシティ・ シンフォニーが〈We Left our Heart in San Fransisco〉(ジャズのスタンダードナンバー、〈I Left My Heart in San Fransisco〉にかけている)を演奏してくれると期待してると思う。しかし、私達はたとえ敗れてもそれを演奏しない。なぜなら、私達は私達の心(heart)をサンフランシスコに置いてこなかったから。私達はプライドを持って故郷、このハートランドに持ち帰ってきたからだ!そして、来年に又挑戦する!(Heartland:カンザス・シティはアメリカのど真ん中に位置しHeart of Americaと呼ばれている)」と言ってジャケットを脱ぎ、その下に着たジャイアンツのジャージーを観客に見せた。そして、サンフランシスコ・ジャイアンツとサンフランシスコ・シンフォニーの名誉の為に、ジョン・フィリップ・スーザ作曲のマーチ、〈The National Game(国技)〉を演奏した。
演奏後、サンフランシスコ・ジャイアンツのジャージーを脱いだその下には、何と!またカンザスシティ・ロイヤルズのジャージーが現れた。

何とユーモアとウィットに溢れた大人のパフォーマンスなのだろう!
きっと、このYou-Yubeのビデオクリップが見られる方々には『落ち』まで楽しんで頂けると思う。(https://www.youtube.com/watch?v=LxEqVHyJnM4)

今年2015年はチャーリー・パーカー生誕95年にあたる。カンザス・シティではどんな楽しい事が待っているだろうか?
新しい年が、平和で明るい1年でありますように!

竹村洋子(2015年1月5日)

カンザスシティ・シンフォニーとサンフランシスコ・ジャイアンツの
ユニフォームを着て指揮をするディレクターのマイケル・スターン。

望月由美

竹村 洋子 Yoko Takemura
美術学校卒業後、マーケティングの仕事に携わる。1996年より、NY、シカゴ、デトロイト、カンザス・シティを中心にアメリカのローカル・ジャズミュージシャン達と交流を深め、現在に至る。主として ミュージシャン間のコーディネーション、プロモーションを行う。Kansas City Jazz Ambassador 会員。KAWADE夢ムック『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(2014)に寄稿。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.