#  808

『KANON=高瀬アキ+内橋和久+アクセル・ドゥナー/Beauty Is The Thing』
text by 悠 雅彦


doubtmusic/Meta Company dmf141
2,310円(税込)

高瀬アキ piano, inside piano
内橋和久 guitar, effects and daxophone
アクセル・ドゥナー trumpet

1. A Break into the Clouds
2. Hear It Very Close
3. An Aquatic Plant
4. That Scene of Curving

録音:2007年12月11日@B-フラット・ジャズ・クラブ、ベルリン

ヨーロッパならではの新世代フリー・ジャズ、いや独自に進化を遂げたアヴァンギャルド・ジャズ

 ヨーロッパで今や揺るぎない地位を築いている高瀬アキの新作は、何といっても興味深い顔ぶれに惹きつけられる。先頃、ヨーロッパ・フリー・ジャズの軌跡をたどって、今やヨーロッパがアメリカとは別種のジャズの磁場をつくりあげていることを論考した『アヴァンギャルド・ジャズ』(未知谷)の著者、横井一江氏に事前に訊ねるべきだったかもしれないが、恐らく高瀬の最も新しい活動の一端を実地に示した1作ではないだろうか。2007年10月の録音とあるが、とするとこの3年半の間にこのトリオがどんな活動をしたのか、やはり訊いて確かめておくべきだった。
 試聴盤に添付された簡単な資料だけでは詳細は皆目分からないが、KANON(カノン)をグループ名にしたということは、単に単発のレコーディングのために集まったトリオではないことを示しているだろう。KANON(英語ではCANON)とは音楽理論における対位的手法のひとつで、一つの旋律を複数の声部が模倣していくこと。冒頭の34分を超える「ア・ブレイク・イントゥ・ザ・クラウズ」を聴く限り、トリオでカノンを実地に試行しているとは考えにくい。ただし、3者の1人が提示した1つのモティーフを出発点にして、彼らなりの考え方に基づくカノンのアヴァンギャルド手法で音を撚り合わせていったと推理を働かせたら、彼ら3者の動き、反応、音のキャンバスに表現するサウンド・カラーの一つひとつに、ちょうど映画のコマを追うような妙味を感じて俄然、面白くなった。34分余というとかなりの長さだが、演奏はすこぶる変化に富んでいて耳をそらせない。高瀬のリーダー作という触れ込みだったが、実際は3者が対等に音を発し合い、相手の音をよく聴いて、しかも瞬発的に音を出してフレーズをつなぎ、コマや場面の転換を隙間なくはかっていく。これが3者の言う「KANON」かもしれない。
 「ヒア・イット・ヴェリー・クロース」は恐らく高瀬のオリジナルだろう。というのは、モティーフが耳に入った瞬間、彼女が多和田葉子と組んだ「鏡像」をタイトルにしたプロジェクトを横浜の赤レンガ倉庫で聴いたときの新鮮な思い出が甦ったからだ。あれは一昨年のことだったが、ルイス・スクラヴィスのホットな演奏や川口ゆいのファンタジックなダンスも魅力的で、あのとき一種の大人の紙芝居を楽しんだ気分を私は思い出したのだ。ここでの3者の演奏はそのときに勝るとも劣らない興趣を呼び起こした。
 実際、高瀬、内橋、ドゥナーの3者のプレイの隙のなさといったら、驚くばかり。アクセル・ドゥナーは96年のベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・アンサンブル日本公演のメンバーとして来日したが、以後今日に至る活躍ぶりは目をみはらせる。彼のトランペット技法はまさに伝統的なフレーズの即興演奏ではない、音響的な即興を地でいくもの。その多彩な即興的サウンドを一身に浴びるだけでも、この1作を聴いて損はない。それとともに何度も感心したのが内橋和久のプレイ。個人的にはすこぶる興味がありながら彼の演奏を直に聴く機会がなかっただけに、これ以上ない発見があって私には収穫だった。彼がこんなに繊細なギタリストで、勘の鋭いプレイヤーだとは思わなかった。ここでも高瀬の設定した(あるいは問いかけた)?リズムや場面構築に間髪をおかず最もふさわしい音響で高瀬に反応する内橋とドゥナーのプレイは最高の聴きものといっても過言ではない。
 全編を聴き終えて、これぞいかにも自由都市ベルリンらしいサウンドと思わずにはいられなかった。まるで映画を見ているような気分にさせられる、刻々と変化するサウンド。これはヨーロッパならではの新世代フリー・ジャズ、いや独自に進化を遂げたアヴァンギャルド・ジャズである。特に触れなかったが、音楽家として最良の実りの時を迎えている高瀬アキの充実した笑顔が見えるような1作である。(2011年7月3日記 悠 雅彦)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.25 '15

FIVE by FIVE
#1166『Mike Nock Octet/Suite Sima』(FWM)悠雅彦| #1167『Dave Douglas & Uri Caine/Present Joys』(Greenleaf Music Inc.)常磐武彦| #1168『Medeski Scofield Martin & Wood/Juice』(INDIRECTO RECORD)常磐武彦| #1169『カーリン・クローグ+スティーヴ・キューン/ふたりの夜明け』(fab./MUZAK)悠雅彦| #1170『チコ本田/ライヴ アット ラブリー バラッドナイト』(KUKU LABEL)望月由美| #1171『Konstrukt & Marshall Allen/Live At Sant'Anna Arresi Jazz Festival』(8mm Records)剛田武| #1172『カール・ベーム ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73、モーツァルト:交響曲第28番ハ長調K.200/189k、ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595』(TESTAMENT)藤原聡| #1173『Rhodri Davies & John Butcher/Routing Lynn』(ftarri)細田成嗣| #1174『キース・ジャレット・トリオ/ハンブルク‘72』(ECM/ユニバーサル・ミュージック)多田雅範| #1175『Kenny Wheeler/Songs for Quintet』(ECM)神野秀雄

COLUMN
特別寄稿「本当は寛容なイスラム」松浦茂長(在パリ)| 連載フォト・エッセイ:Reflection of Music 37「レスター・ボウイ」横井一江| 撮っておきの音楽家たち #99「アレクセイ・リュビモフ」(ピアニスト)林喜代種| 撮っておきの音楽家たち #100「パーヴォ・ヤルヴィ」(指揮者)林喜代種| カンザスシティの人と音楽 #41「カンザスシティ・ロイヤルズとカンザスシティ・シンフォニー・ディレクター、マイケル・スターン」竹村洋子| Live Evil:稲岡邦弥010「Ky Japan Tour 2014『生きるという営み』」| 011「Mike Nock Trio」| 012「織茂サブ/地無し尺八ソロライヴ」| 及川公生の聴きどころチェック #213『テディ・ウィルソン+北村英治/テディ・ミーツ・エイジ』(ユニバーサルD/ユニバーサル)| #214『キース・ジャレット・トリオ/ハンブルク‘72』(ECM/ユニバーサル・ミュージック)| 連載エッセイ:オスロに学ぶ Vol.25「オスロに戻る」田中鮎美

INTERVIEW
#132「カーリン・クログ」(vocal) 小橋敦子

GALLERY
#31『レインボー・ロータス〜A Big Hand for Hanshin』 稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#760「モーリス・ベジャール振付ベートーヴェン『第9交響曲』」林喜代種| #761「《歌曲(リート)の森》 〜詩と音楽 Gedichte und Musik〜 第15篇 ナタリー・シュトゥッツマン(コントラルト) フランス歌曲の夜」藤堂清| #762「上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス『ALIVE』日本ツアー2014」剛田武| #763「上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス『ALIVE』日本ツアー2014」神野秀雄| #764「パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団演奏会「ブラームス・シンフォニック・クロノロジー」佐伯ふみ| #765「岡田博美ピアノ・リサイタル2014」丘山万里子| #766「日本舞踊 × オーケストラ Vol.2」悠雅彦| #767「日本舞踊 × オーケストラ Vol.2」林喜代種| #768「ピアニスト園田高弘没後10年を偲んで Vol.2 高橋礼恵ピアノ・リサイタル」佐伯ふみ| #769「紫桐会秋の演奏会(第32回)」悠雅彦| #770「ゴーティエ・カプソン&ユジャ・ワン第2夜」藤原聡| #771「ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラdirected byエリック・ミヤシロ, スペシャルゲスト:リチャード・ボナ」神野秀雄| #772「故副島輝人さんを偲ぶ会」横井一江

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.