#  835

『クニ三上/ハンプス・ブギ〜ライオネル・ハンプトン』
text by 稲岡邦弥


9245 Records/バウンディ
2,800円

クニ三上(p)
クリスチャン・フェビアン(b)
デヴィッド・ギブソン(ds)
クラレンス・バンクス(tb)
マイケル・ハシム(sax)

1. オパス・ワン
2. ザ・ムーチ
3. ユー・ベター・ゴー・ナウ
4. フライング・ホーム
5. ムーンライト・セレナーデ
6. 真珠の首飾り
7. ウォーム・ヴァレー
8. シャイニー・ストッキングス
9. ハンプス・ブギ
10. イン・ザ・ムード

録音:M.P.Kuo@Uptime Studio, NY, 2011.4.11
プロデューサー:クニ三上

強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!

CDの帯に「強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!」と但し書きがある。NYを拠点に活躍するクニ三上の新作。たいした自信だが、看板に偽りはない。オープナーの<オパス・ワン>。三上が1991年から2002年に94才で亡くなるまで専属ピアニストとして仕えたライオネル・ハンプトン楽団の定番のひとつ。ベースはハンプトン楽団の僚友クリスチャン・フェビアン、ドラムスはカウント・ベイシー楽団やイリノイ・ジャケー楽団で活躍したデヴィッド・ギブソンとそれぞれビッグバンドOBなのだが、なかで一番強烈にドライヴしているのが三上自身。三上は5,6年前から毎年2回ずつ全国ツアーを敢行しているのでそのドライヴ(スゥイングを超えてドライヴと表現する方が相応しいかも)するピアノに触れたファンは多いことだろう。ハンプのナンバーからは他に、<ハンプス・ブギ><フライング・ホーム><真珠の首飾り>。どの曲もハンプのスピリットが乗り移ったかのように快適にスゥイングする。このアルバムはハンプに捧げられているのだが、三上がピアニストとして来日経験のあるデューク・エリントン(<ザ・ムーチ>、<ウォーム・ヴァレー>を始め、カウント・ベイシー(先日亡くなったフランク・フォスターの名曲<シャイニー・ストッキングス>)、グレン・ミラー(<イン・ザ・ムード>)、トミー・ドーシー(<ムーンライト・セレナード>)とお馴染みのビッグバンドの定番で構成されている。演奏は、クインテット、カルテット、トリオと曲により編成が変わるのだが、共通するのは強烈なスゥイング感。なかで、一瞬、ハッとするのは、<ムーンライト・セレナーデ>。種明かしはヤボかもしれないが、<フライング・ホーム>で強烈にジャンプさせたあと、三上がスーツに身を正し、やおらベートーヴェンの<月光ソナタ>を引き出すくだり。ベイシー楽団在籍17年のクラレンス・バンクス(tb)、エリントン楽団のマイケル・ハシム(sax)共にツボを心得た演奏で楽しませる。<ユー・ベター・ゴー・ナウ>のミュートを使ったバンクスのボントロはどこかビリー・ホリデイを彷彿させるし(裏でむせぶハシムのサックスはレスター・ヤングか)、<ウォーム・ヴァレー>で聴かせるハシムのソロにビリー・ストレイホーンを偲ぶファンも多いことだろう。“ジャズはエンターテインメント”というハンプの信念を受け継ぐクニ三上の真骨頂を地で行く快作。今頃、ツアーで元気に全国巡演中のはず。(稲岡邦弥)
*ツアー・スケジュールについてはニュースの項を参照。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW7.27 '14

FIVE by FIVE
#1114『David Weiss / When Words Fail』(Motena Music) 常盤武彦| #1115 『石井彰/エンドレス・フロウ』(Studio TLive Records)望月由美| #1116 『Hans Luedmann Trio Ivoire / Timbuktu』(Intuition) 伏谷佳代| #1117 『Peter van Huffel’s Gorilla Mask / Bite My Blues』(Cleanfeed) 伏谷佳代| #1118『House of Mirrors / Act One』(wismart) 伏谷佳代| #1119『Henry Butler-Steven Bernstein and Hot 9 / Viper's Drag』(impulse!) 常盤武彦| #1120『望月治孝/PAS [パ]』剛田武| #1121『David Neves / Progress Report』 都並清史| #1122『Jae Cheol Oh / Time Stamping』 (Jaeohmusic) 都並清史| #1123『Billy Buss / Scenes from a Dream』都並清史| #1124『内田修ジャズコレクション/カタログVOL.1 60's』(岡崎市立中央図書館) 稲岡邦弥| #1125 『内田修ジャズコレクション/人物VOL.1 高柳昌行』(岡崎市立中央図書館)稲岡邦弥| #1126『Charles Lloyd/Arrows Into Infinity』(ECM) 稲岡邦弥

COLUMN
創刊200号記念特集 エッセイ「音楽との出会い」 (ABC順):
O.ブラウン|周昭平|J.コスグローヴ|藤井郷子|藤原聡|剛田武|林喜代種|本郷泉|本宿宏明|堀内宏公|稲岡邦弥|神野秀雄|小橋敦子|小西啓一|望月由美|成田正|及川公生|丘山万里子|佐伯ふみ|佐伯麻由|須藤伸義| 杉田誠一|多田雅範|竹村洋子|田村夏樹|田中鮎美|藤堂清|常盤武彦|横井一江|悠雅彦

緊急追悼特集 チャーリー・ヘイデン:ポール・ブレイ|カーラ・ブレイ|キース・ジャレット|ハンス・ヴェンドゥル|小橋敦子|久田定|原田和男|常盤武彦|横井一江|稲岡邦弥
緊急追悼特集 副島輝人:末冨健夫|沖 至|杉田誠一|横井一江| 稲岡邦弥
連載フォト・エッセイ:Reflection of Music Vol.35「アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ」横井一江| 撮っておきの音楽家たち #91「ヴァレリー・アファナシエフ」林 喜代種| 撮っておきの音楽家たち #92「バルバラ・フリットリ」林 喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #38「活気づいて来たカンザス・シティ・ジャズシーン」竹村洋子| タガララジオ46「Classic Tracks 383 - 393」Niseko-Rossy Pi-Pikoe| オスロに学ぶ Vol.22「直径1kmの景色」田中鮎美| 及川公生の聴きどころチェック #198『山下洋輔スペシャル・ビッグバンド/ボレロ|展覧会の絵』(Jamrice)| #199『山下洋輔xスガダイロー』(velvetsun/spaceshower)| #200(アーカイヴ編)『バリー・ハリス/ライヴ・アット・ダグ 完全版』 (SOMETHIN'COOL)| #201『キース・ジャレット+チャーリー・ヘイデン/ラスト・ダンス』(ECM)| #202『クレア・マーティン&モンペリエ・チェロ四重奏団/タイム・アンド・プレイス』(LINN)

GALLERY
#29 Sound-track from Bad Timing『ジェラシー〜愛のテーマT/愛のテーマU /キース・ジャレット』

INTERVIEW
創刊200号記念アーカイヴ特集 #126 (#60 /Archive) 「キース・ジャレット」須藤伸義| 創刊200号記念アーカイヴ特集 #127 (#61 /Archive) 「キース・ジャレット」須藤伸義| #128 KAZE 日本ツアー直前インタヴュー(田村夏樹+藤井郷子)

CONCERT/LIVE REPORT
#702「Simon Phillips "Protocol II" 」神野秀雄| #703「AGA-SHIOヨーロッパツアー」神野秀雄| #704「サン・ラ・アーケストラ featuring マエストロ・マーシャル・アレン」剛田武| #705「第10回イマジン七夕コンサート2014 ルネ・コロ さよならコンサート」藤堂 清| #706「Bunkamura 25周年記念 リヨン歌劇場来日公演 オッフェンバック『ホフマン物語』」佐伯ふみ| #707 「ホー・シーハオ/チェロ・リサイタル」悠 雅彦| #708「日本・スイス国交樹立150周年記念・武蔵野合唱団第47回定期演奏会」藤原聡| #709「フランス国立リヨン管弦楽団演奏会」藤原 聡

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.