#  835

『クニ三上/ハンプス・ブギ〜ライオネル・ハンプトン』
text by 稲岡邦弥


9245 Records/バウンディ
2,800円

クニ三上(p)
クリスチャン・フェビアン(b)
デヴィッド・ギブソン(ds)
クラレンス・バンクス(tb)
マイケル・ハシム(sax)

1. オパス・ワン
2. ザ・ムーチ
3. ユー・ベター・ゴー・ナウ
4. フライング・ホーム
5. ムーンライト・セレナーデ
6. 真珠の首飾り
7. ウォーム・ヴァレー
8. シャイニー・ストッキングス
9. ハンプス・ブギ
10. イン・ザ・ムード

録音:M.P.Kuo@Uptime Studio, NY, 2011.4.11
プロデューサー:クニ三上

強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!

CDの帯に「強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!」と但し書きがある。NYを拠点に活躍するクニ三上の新作。たいした自信だが、看板に偽りはない。オープナーの<オパス・ワン>。三上が1991年から2002年に94才で亡くなるまで専属ピアニストとして仕えたライオネル・ハンプトン楽団の定番のひとつ。ベースはハンプトン楽団の僚友クリスチャン・フェビアン、ドラムスはカウント・ベイシー楽団やイリノイ・ジャケー楽団で活躍したデヴィッド・ギブソンとそれぞれビッグバンドOBなのだが、なかで一番強烈にドライヴしているのが三上自身。三上は5,6年前から毎年2回ずつ全国ツアーを敢行しているのでそのドライヴ(スゥイングを超えてドライヴと表現する方が相応しいかも)するピアノに触れたファンは多いことだろう。ハンプのナンバーからは他に、<ハンプス・ブギ><フライング・ホーム><真珠の首飾り>。どの曲もハンプのスピリットが乗り移ったかのように快適にスゥイングする。このアルバムはハンプに捧げられているのだが、三上がピアニストとして来日経験のあるデューク・エリントン(<ザ・ムーチ>、<ウォーム・ヴァレー>を始め、カウント・ベイシー(先日亡くなったフランク・フォスターの名曲<シャイニー・ストッキングス>)、グレン・ミラー(<イン・ザ・ムード>)、トミー・ドーシー(<ムーンライト・セレナード>)とお馴染みのビッグバンドの定番で構成されている。演奏は、クインテット、カルテット、トリオと曲により編成が変わるのだが、共通するのは強烈なスゥイング感。なかで、一瞬、ハッとするのは、<ムーンライト・セレナーデ>。種明かしはヤボかもしれないが、<フライング・ホーム>で強烈にジャンプさせたあと、三上がスーツに身を正し、やおらベートーヴェンの<月光ソナタ>を引き出すくだり。ベイシー楽団在籍17年のクラレンス・バンクス(tb)、エリントン楽団のマイケル・ハシム(sax)共にツボを心得た演奏で楽しませる。<ユー・ベター・ゴー・ナウ>のミュートを使ったバンクスのボントロはどこかビリー・ホリデイを彷彿させるし(裏でむせぶハシムのサックスはレスター・ヤングか)、<ウォーム・ヴァレー>で聴かせるハシムのソロにビリー・ストレイホーンを偲ぶファンも多いことだろう。“ジャズはエンターテインメント”というハンプの信念を受け継ぐクニ三上の真骨頂を地で行く快作。今頃、ツアーで元気に全国巡演中のはず。(稲岡邦弥)
*ツアー・スケジュールについてはニュースの項を参照。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW6.29 '14

FIVE by FIVE
#1105『Kavita Shah / Visions』(inner circle music)常盤武彦| #1106『Theo Croker / Afro Physicist』(DDB Records/OKer) 常盤武彦| #1107『Andreas Kurz Quartet / Caught Into Something Turning』(Double Moon Records) 伏谷佳代| #1108『Donauwellenreiter / Messëi』(Intuition) 伏谷佳代| #1109 『辛島文雄トリオ/ア・タイム・フォー・ラヴ』(PitInn) 望月由美| #1110 『モーツァルト:後期三大交響曲〜交響曲第39番、第40番、第41番/フランス・ブリュッヘン(指揮)18世紀オーケストラ』(GLOSSA) 藤原聡| #1111 『石井彰/エンドレス・フロウ』(Studio TLive Records) 悠雅彦| #1112 『山下洋輔xスガダイロー』(velvetsun/spaceshower) 稲岡邦弥| #1113『山下洋輔スペシャル・ビッグバンド/ボレロ|展覧会の絵』(Jamrice) 稲岡邦弥

COLUMN
追悼「ホレス・シルヴァー」1.オスカー・デリック・ブラウン 2.藤原清登| 連載フォト・エッセイ:「音の見える風景 Chapter34.セロニアス・モンク」望月由美| 撮っておきの音楽家たち #89 ラン・ラン(ピアニスト) 林 喜代種| 撮っておきの音楽家たち #90 ペペ・ロメロ(ギタリスト) 林 喜代種| タガララジオ 45 「Classic Tracks 374 - 382」 Niseko-Rossy Pi-Pikoe| 及川公生の聴きどころチェック#195『Jeff Cosgrove/Alternating Current』(Grizzley Music)| 及川公生の聴きどころチェック #196『ステファン・ツァピス/チャーリー・アンド・エドナ』(CLOUD/spaceshower)| 及川公生の聴きどころチェック #197 『辛島文雄トリオ/ア・タイム・フォー・ラヴ』(PitInn)

LIBRARY
#80『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#691「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2014 祝祭の日 (後編) 神野秀雄| #692「マティアス・ゲルネ|シューベルト三大歌曲集連続演奏会」藤堂 清| #693「デニス・コジュヒン〜ピアノ・リサイタル」悠雅彦| #694新国立劇場 新制作マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』|レオンカヴァッロ『道化師』佐伯ふみ| #695「Jack DeJohnette Trio」稲岡邦弥| #696「Miles Davis Way ブロックパーティ、NYC」本宿宏明| #697「ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル」丘山万里子| #698「ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)フィラデルフィア管弦楽団」藤原 聡| #699「パウル・バドゥラ=スコダ〜ラスト・コンサート」悠 雅彦| #700「ウィーン・カンマー・オーケストラ演奏会」丘山万里子| #701「ジェシ・ヴァン・ルーラー&トニー・オーヴァウォーター・デュオ|ハイレゾ・ライブレコーディング・コンサート」小橋敦子

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.