#  835

『クニ三上/ハンプス・ブギ〜ライオネル・ハンプトン』
text by 稲岡邦弥


9245 Records/バウンディ
2,800円

クニ三上(p)
クリスチャン・フェビアン(b)
デヴィッド・ギブソン(ds)
クラレンス・バンクス(tb)
マイケル・ハシム(sax)

1. オパス・ワン
2. ザ・ムーチ
3. ユー・ベター・ゴー・ナウ
4. フライング・ホーム
5. ムーンライト・セレナーデ
6. 真珠の首飾り
7. ウォーム・ヴァレー
8. シャイニー・ストッキングス
9. ハンプス・ブギ
10. イン・ザ・ムード

録音:M.P.Kuo@Uptime Studio, NY, 2011.4.11
プロデューサー:クニ三上

強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!

CDの帯に「強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!」と但し書きがある。NYを拠点に活躍するクニ三上の新作。たいした自信だが、看板に偽りはない。オープナーの<オパス・ワン>。三上が1991年から2002年に94才で亡くなるまで専属ピアニストとして仕えたライオネル・ハンプトン楽団の定番のひとつ。ベースはハンプトン楽団の僚友クリスチャン・フェビアン、ドラムスはカウント・ベイシー楽団やイリノイ・ジャケー楽団で活躍したデヴィッド・ギブソンとそれぞれビッグバンドOBなのだが、なかで一番強烈にドライヴしているのが三上自身。三上は5,6年前から毎年2回ずつ全国ツアーを敢行しているのでそのドライヴ(スゥイングを超えてドライヴと表現する方が相応しいかも)するピアノに触れたファンは多いことだろう。ハンプのナンバーからは他に、<ハンプス・ブギ><フライング・ホーム><真珠の首飾り>。どの曲もハンプのスピリットが乗り移ったかのように快適にスゥイングする。このアルバムはハンプに捧げられているのだが、三上がピアニストとして来日経験のあるデューク・エリントン(<ザ・ムーチ>、<ウォーム・ヴァレー>を始め、カウント・ベイシー(先日亡くなったフランク・フォスターの名曲<シャイニー・ストッキングス>)、グレン・ミラー(<イン・ザ・ムード>)、トミー・ドーシー(<ムーンライト・セレナード>)とお馴染みのビッグバンドの定番で構成されている。演奏は、クインテット、カルテット、トリオと曲により編成が変わるのだが、共通するのは強烈なスゥイング感。なかで、一瞬、ハッとするのは、<ムーンライト・セレナーデ>。種明かしはヤボかもしれないが、<フライング・ホーム>で強烈にジャンプさせたあと、三上がスーツに身を正し、やおらベートーヴェンの<月光ソナタ>を引き出すくだり。ベイシー楽団在籍17年のクラレンス・バンクス(tb)、エリントン楽団のマイケル・ハシム(sax)共にツボを心得た演奏で楽しませる。<ユー・ベター・ゴー・ナウ>のミュートを使ったバンクスのボントロはどこかビリー・ホリデイを彷彿させるし(裏でむせぶハシムのサックスはレスター・ヤングか)、<ウォーム・ヴァレー>で聴かせるハシムのソロにビリー・ストレイホーンを偲ぶファンも多いことだろう。“ジャズはエンターテインメント”というハンプの信念を受け継ぐクニ三上の真骨頂を地で行く快作。今頃、ツアーで元気に全国巡演中のはず。(稲岡邦弥)
*ツアー・スケジュールについてはニュースの項を参照。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW10.04 '14

FIVE by FIVE
#1127『Farmers By Nature : Gerald Cleaver・William Parker・Craig Taborn. / Love and Ghosts』 (AUM Fidelity AUM089/90) 多田雅範| #1128『People / 3x a Woman: The Misplaced Files』 (Telegraph Harp) 多田雅範/剛田武| #1129『チェカレリ、ピルク、ブラメリー/TWENTY』(Bonsai Music)望月由美| #1130『Ryan Keberle & Catharsis / Into The Zone』(Greenleaf Music) 常盤武彦| #1131『Orrin Evans / Liberation Blues 』(Smoke Sessions) 常盤武彦| #1132『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM) 多田雅範| #1133『ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)/J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(全曲)』(DGG/ユニバーサルミュージック) 藤原聡| #1134『アントニオ・サンチェス / スリー・タイムス・スリー〜フィーチャリング・ブラッド・メルドウ-ジョン・スコフィールド-ジョー・ロバーノ』(CAM Jazz/キング・インターナショナル) 多田雅範| #1135『TReS /La Luna Roja (アルゼンチンの赤い月)』(ンバギ) 悠雅彦| #1136 『Jeff Denson & Joshua White / I’ll Fly Away』(pfMentum) 伏谷佳代| #1137『陰猟腐厭/初期作品集 1980-82』(EM Records) 剛田武| #1138『陰猟腐厭/抱握』(EM Records) 剛田武| #1139『佐藤允彦トリオ / 童心戯楽』 (BAJ Records) 横井一江| #1140『Akira Sakata, Johan Berthling, Paal Nilssen-Love / ARASHI』(Trost Records) 横井一江

COLUMN
緊急追悼特集 ケニー・ホイーラー:エンジェル・ソングス(ECM:マンフレート・アイヒャー/スティーヴ・レイク)|音楽とインスピレーションをありがとう(ヤコブ・ブロ)|心より So long!(高瀬アキ)|またひとつの個性が旅立った(横井一江)|Azimuthのライヴとクリニック(神野秀雄)|RIP(ロベルト・マゾッティ|車輪職人さん、さようなら(神子直之)|僕のいちばん好きなアルバム(稲岡邦弥)|巨匠逝く(アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ)
追悼 副島輝人(続):「常に新しきもの″を求めて ―ニュージャズホールからメールスまで―」玉井新二
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter 35.「石井彰」望月由美| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.91「浦邊雅祥 (アルトサックス奏者)」| 撮っておきの演奏家たち #93「岩崎 淑(ピアニスト)」林喜代種| 撮っておきの演奏家たち #94「ロリン・マゼール(指揮者)」林喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #39 「カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・セレブレーション」竹村洋子| オスロに学ぶ Vol.23 「オスロ・ジャズ・フェスティバル 2014」 田中鮎美| ある音楽プロデューサーの軌跡 #31「反逆のジャズ・シリーズ」稲岡邦弥| 及川公生の聴きどころチェック #203「『TRIO 3 + Vijay Iyer / Wiring』(Intakt)| 及川公生の聴きどころチェック #204「『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM)| 及川公生の聴きどころチェック #205『マンハッタン・ジャズ・オーケストラ/ボレロ』(Paddle Wheel)| 及川公生の聴きどころチェック #206『C.U.G.ジャズ・オーケストラ/Twenty Five and Counting!』(CUG Records)| LiveEvil 「001: ビッグバンドで甦る小学唱歌| 002: ミラノ・チャリティー・コンサートにまつわる忌まわしい事件を思い出す| 003: ふたりのアヴィシャイ・コーエン」稲岡邦弥

INTERVIEW
#129 来日直前緊急インタヴュー「ヤコブ・ブロ(ギタリスト)」 稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#710「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」 悠雅彦| #711「亀山香能・箏曲リサイタル〜江戸のヒットメーカー山田検校を聴く」悠 雅彦| #712「グンジョーガクレヨン+橋本孝之(.es)」 剛田 武| #713「作曲家の肖像」シリーズVol.98〈ビゼー〉」 藤原 聡| #714「藤井昭子/地歌 Live (第70回記念公演)」悠 雅彦| #715「オリヴィエ・メシアン ハラウィ〜愛と死の歌〜」藤堂 清| #716「三善晃/オペラ『遠い帆』」 丘山万里子| #717「第35回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」佐伯ふみ| #718「高瀬アキ with ハン・ベニンク『Two for Two』」悠 雅彦| #719『JAZZ ART せんがわ2014』 横井一江| #720『JAZZ ART せんがわ2014』 多田雅範| #721『JAZZ ART せんがわ2014』 剛田 武| #722「灰野敬二ライブ」 剛田 武| #723「第13回 東京ジャズ祭 2014」 悠 雅彦| #724「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神子直之| #725「ジャケス・モレレンバウム、パウラ・モレレンバウム & 伊藤ゴロー」 神野秀雄| #726「塩谷哲トリオ “ライヴ 2014”」 神野秀雄| #727「シカゴ・ジャズ・フェスティバル〜ゲイリー・バートン&トム・ハレル」 神野秀雄| #728 「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2014 ジャパン・デイ」 神野秀雄

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.