#  835

『クニ三上/ハンプス・ブギ〜ライオネル・ハンプトン』
text by 稲岡邦弥


9245 Records/バウンディ
2,800円

クニ三上(p)
クリスチャン・フェビアン(b)
デヴィッド・ギブソン(ds)
クラレンス・バンクス(tb)
マイケル・ハシム(sax)

1. オパス・ワン
2. ザ・ムーチ
3. ユー・ベター・ゴー・ナウ
4. フライング・ホーム
5. ムーンライト・セレナーデ
6. 真珠の首飾り
7. ウォーム・ヴァレー
8. シャイニー・ストッキングス
9. ハンプス・ブギ
10. イン・ザ・ムード

録音:M.P.Kuo@Uptime Studio, NY, 2011.4.11
プロデューサー:クニ三上

強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!

CDの帯に「強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!」と但し書きがある。NYを拠点に活躍するクニ三上の新作。たいした自信だが、看板に偽りはない。オープナーの<オパス・ワン>。三上が1991年から2002年に94才で亡くなるまで専属ピアニストとして仕えたライオネル・ハンプトン楽団の定番のひとつ。ベースはハンプトン楽団の僚友クリスチャン・フェビアン、ドラムスはカウント・ベイシー楽団やイリノイ・ジャケー楽団で活躍したデヴィッド・ギブソンとそれぞれビッグバンドOBなのだが、なかで一番強烈にドライヴしているのが三上自身。三上は5,6年前から毎年2回ずつ全国ツアーを敢行しているのでそのドライヴ(スゥイングを超えてドライヴと表現する方が相応しいかも)するピアノに触れたファンは多いことだろう。ハンプのナンバーからは他に、<ハンプス・ブギ><フライング・ホーム><真珠の首飾り>。どの曲もハンプのスピリットが乗り移ったかのように快適にスゥイングする。このアルバムはハンプに捧げられているのだが、三上がピアニストとして来日経験のあるデューク・エリントン(<ザ・ムーチ>、<ウォーム・ヴァレー>を始め、カウント・ベイシー(先日亡くなったフランク・フォスターの名曲<シャイニー・ストッキングス>)、グレン・ミラー(<イン・ザ・ムード>)、トミー・ドーシー(<ムーンライト・セレナード>)とお馴染みのビッグバンドの定番で構成されている。演奏は、クインテット、カルテット、トリオと曲により編成が変わるのだが、共通するのは強烈なスゥイング感。なかで、一瞬、ハッとするのは、<ムーンライト・セレナーデ>。種明かしはヤボかもしれないが、<フライング・ホーム>で強烈にジャンプさせたあと、三上がスーツに身を正し、やおらベートーヴェンの<月光ソナタ>を引き出すくだり。ベイシー楽団在籍17年のクラレンス・バンクス(tb)、エリントン楽団のマイケル・ハシム(sax)共にツボを心得た演奏で楽しませる。<ユー・ベター・ゴー・ナウ>のミュートを使ったバンクスのボントロはどこかビリー・ホリデイを彷彿させるし(裏でむせぶハシムのサックスはレスター・ヤングか)、<ウォーム・ヴァレー>で聴かせるハシムのソロにビリー・ストレイホーンを偲ぶファンも多いことだろう。“ジャズはエンターテインメント”というハンプの信念を受け継ぐクニ三上の真骨頂を地で行く快作。今頃、ツアーで元気に全国巡演中のはず。(稲岡邦弥)
*ツアー・スケジュールについてはニュースの項を参照。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW11.09 '14

FIVE by FIVE
#1141『ステファノ・ボラーニ・トリオ/ジョイ・イン・スパイト・オブ・エヴリシング』(ECM/ユニバーサル) 多田雅範| #1142『Duo Gazzana/Poulenc / Walton / Dallapiccola / Schnittke / Silvestrov』(ECM) 多田雅範| #1143『Ernst Glerum〜Uri Cain/Sentimental Mood』(Favorite Records) 望月由美| #1144『ダラー・ブランド-ドン・チェリー-カルロス・ワード/第三世界〜アンダーグラウンド』(Universal D) 多田雅範| #1145『トム・ハレル /トリップ』(キング・インターナショナル)多田雅範| #1146『カラパルーシャ/カラパルーシャ』(Universal D)稲岡邦弥| #1147『Charles Lloyd / Manhattan Stories』(Resonance)稲岡邦弥| #1148『Chris Pitsiokos-Weasel Walter-Ron Anderson / MAXIMALISM』(Eleatic Recsords) 剛田武| #1149『Frank Lowe Quartet / OUT LOUD』(Triple Point Records) 剛田武| #1150 マーラー:交響曲第8番 変ホ長調『千人の交響曲』(エクストン) 藤原聡| #1151『Christoph Irniger Trio / Gowanus Canal』(Intakt) 伏谷佳代| #1152『Gian-Carla Tisera / Nora is Bellie』(Rebeliosa Music) 常盤武彦| #1153『井上陽介/Good Time』(Pony-Canyon) 神野秀雄

COLUMN
連載フォト・エッセイ Reflection of Music Vol.36「カール・ベルガー」横井一江| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.91「蜂谷真紀」| 撮っておきの演奏家たち #95「ジョン・リル」(ピアニスト)林喜代種| 撮っておきの演奏家たち #96「ルドルフ・ビーブル」(指揮者)林喜代種| オスロに学ぶ Vol.24「ノルウェーの若手トリオ-Lana Trio」 田中鮎美| エッセイ「カール・ベルガーと私」香月保乃| Live Evil:稲岡邦弥 004「ヤコブ・ブロ・トリオ」| 005「デュオ・ガッザーナ」| 006「KAZE」| 及川公生の聴きどころチェック #207『Orrin Evans / Liberation Blues』(Smoke Sessions)| 及川公生の聴きどころチェック #208『高瀬アキ-Alexander von Schlippenbach/So Long, Eric!〜Homage to Eric Dolphy』(INTAKT)| 及川公生の聴きどころチェック #209『ジョン・トロペイ・ウィズ・スティーヴ・ガッド&ウィル・リー/ガット・ユア・リズム!』(日本コロムビア)

INTERVIEW
#130 「山口真文」(サックス奏者)稲岡邦弥

EVENT
ハシャ・フォーラ 日本ツアー2014

CONCERT/LIVE REPORT
#729 「タロス・ジャズ・フェスティバル」ロベルト・マゾッティ| #730「東京二期会オペラ劇場公演『イドメネオ』」藤堂清| #731「廣瀬量平作品連続演奏会X(最終回)〜 邦楽器への激(たぎ)る想いを次世代に」悠雅彦| #732「ヤコブ・ブロ・トリオ」剛田武| #733「テリ・リン・キャリントン・フィーチャリング・リズ・ライト」神野秀雄| #734「ピエール=ロラン・エマール〜カーターへのオマージュ《室内楽コンサート》」藤原聡| #735「ファジル・サイ&須川展也・デュオ・リサイタル」悠雅彦| #736「新国立劇場 2014/2015 シーズン オープニング公演平成26年度文化庁芸術祭主催公演[新制作]ワーグナー『パルジファル』」佐伯ふみ| #737「藝大21 和楽の美 邦楽絵巻「義経記-静と義経を巡って-悠雅彦| #738「藤井郷子オーケストラTOKYO/番外オーケストラ公開録音コンサート」悠雅彦| #739「東京JAZZ 2014」神野秀雄

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.