#  835

『クニ三上/ハンプス・ブギ〜ライオネル・ハンプトン』
text by 稲岡邦弥


9245 Records/バウンディ
2,800円

クニ三上(p)
クリスチャン・フェビアン(b)
デヴィッド・ギブソン(ds)
クラレンス・バンクス(tb)
マイケル・ハシム(sax)

1. オパス・ワン
2. ザ・ムーチ
3. ユー・ベター・ゴー・ナウ
4. フライング・ホーム
5. ムーンライト・セレナーデ
6. 真珠の首飾り
7. ウォーム・ヴァレー
8. シャイニー・ストッキングス
9. ハンプス・ブギ
10. イン・ザ・ムード

録音:M.P.Kuo@Uptime Studio, NY, 2011.4.11
プロデューサー:クニ三上

強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!

CDの帯に「強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!」と但し書きがある。NYを拠点に活躍するクニ三上の新作。たいした自信だが、看板に偽りはない。オープナーの<オパス・ワン>。三上が1991年から2002年に94才で亡くなるまで専属ピアニストとして仕えたライオネル・ハンプトン楽団の定番のひとつ。ベースはハンプトン楽団の僚友クリスチャン・フェビアン、ドラムスはカウント・ベイシー楽団やイリノイ・ジャケー楽団で活躍したデヴィッド・ギブソンとそれぞれビッグバンドOBなのだが、なかで一番強烈にドライヴしているのが三上自身。三上は5,6年前から毎年2回ずつ全国ツアーを敢行しているのでそのドライヴ(スゥイングを超えてドライヴと表現する方が相応しいかも)するピアノに触れたファンは多いことだろう。ハンプのナンバーからは他に、<ハンプス・ブギ><フライング・ホーム><真珠の首飾り>。どの曲もハンプのスピリットが乗り移ったかのように快適にスゥイングする。このアルバムはハンプに捧げられているのだが、三上がピアニストとして来日経験のあるデューク・エリントン(<ザ・ムーチ>、<ウォーム・ヴァレー>を始め、カウント・ベイシー(先日亡くなったフランク・フォスターの名曲<シャイニー・ストッキングス>)、グレン・ミラー(<イン・ザ・ムード>)、トミー・ドーシー(<ムーンライト・セレナード>)とお馴染みのビッグバンドの定番で構成されている。演奏は、クインテット、カルテット、トリオと曲により編成が変わるのだが、共通するのは強烈なスゥイング感。なかで、一瞬、ハッとするのは、<ムーンライト・セレナーデ>。種明かしはヤボかもしれないが、<フライング・ホーム>で強烈にジャンプさせたあと、三上がスーツに身を正し、やおらベートーヴェンの<月光ソナタ>を引き出すくだり。ベイシー楽団在籍17年のクラレンス・バンクス(tb)、エリントン楽団のマイケル・ハシム(sax)共にツボを心得た演奏で楽しませる。<ユー・ベター・ゴー・ナウ>のミュートを使ったバンクスのボントロはどこかビリー・ホリデイを彷彿させるし(裏でむせぶハシムのサックスはレスター・ヤングか)、<ウォーム・ヴァレー>で聴かせるハシムのソロにビリー・ストレイホーンを偲ぶファンも多いことだろう。“ジャズはエンターテインメント”というハンプの信念を受け継ぐクニ三上の真骨頂を地で行く快作。今頃、ツアーで元気に全国巡演中のはず。(稲岡邦弥)
*ツアー・スケジュールについてはニュースの項を参照。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW6.28 '15

FIVE by FIVE
#1220『Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields』(artistShare)常盤武彦| #1221『Lorin Cohen/Home』(ORIGIN RECORDS)常盤武彦| #1222『Mark Guiliana Jazz Quartet/Family First』(Beat Music Production)常盤武彦| #1223『Steve Davis/Say When』(Smoke Sessions Records)常盤武彦| #1224『Chris Pitsiokos Trio/Gordian Twine』(New Atlantis)齊藤彰&細田成嗣| #1225『Pascal Niggenkemper/Look with Thine Ears』(Clean Feed)剛田武| #1226『Johanna Schneider Quartet/Pridetime』(Double Moon Record)伏谷佳代| #1227『Thomas Rueckert Trio/Parvaneh』(Double Moon Record)伏谷佳代| #1228『Han Bennink & 豊住芳三郎/DADA 打、打』(ちゃぷちゃぷレコード/ユニバーサル)望月由美| #1229『姜泰煥 / Solo Duo Trio』(ちゃぷちゃぷレコード/ユニバーサル)近藤秀秋| #1230『近藤秀秋/ASYL:アジール』(PSF Records)末冨健夫| #1231『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル)悠雅彦| #1232『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル)多田雅範| #1233(特別寄稿=楽曲徹底解剖)『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル)本宿宏明

特集『今、ロバート・グラスパー』責任編集 稲岡邦弥:
ロバート・グラスパー略歴|ライヴ・レポート「ロバート・グラスパー・エクスペリメント」徳永伸一郎|コンサート・レポート「ロバート・グラスパー・エクスペリメント×西本智実シンフォニックコンサート」神野秀雄|CDレヴュー『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』悠雅彦|CDレヴュー『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』多田雅範|楽曲徹底解剖『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』本宿宏明

COLUMN
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter 39「石田幹雄」望月由美| 撮っておきの音楽家たち #109「ドゥブラフカ・トムシッチ・スレボトニャク」(ピアニスト)林喜代種| 撮っておきの音楽家たち #110「マルティン・シュタットフェルト」(ピアニスト)林喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #43 ハーモン・メハリがやって来た!「1. ハーモンの東京滞在記 」竹村洋子| 「2. ハーモン・メハリはどこへ行く?」関口登人| 「3. ジャズバー『竹花』でハーモン・メハリを聴く」関口登人| 及川公生の聴きどころチェック#230『All Star Jam Session〜THE J. MASTERS in CONCERT』(ピットインレーベル)| 及川公生の聴きどころチェック#231『近藤等則/Toshinori Kondo plays Standards〜あなたは恋を知らない』(Plankton)| 及川公生の聴きどころチェック#232『Evan Parker & 吉沢元治/Two Chaps』(ちゃぷちゃぷレコード/ユニバーサル)| 及川公生の聴きどころチェック#233『New Century Jazz Quintet/イン・ケイス・イフ・ユー・ミスト・アス』(Spice of Life)| 及川公生の聴きどころチェック#234『Oliver Lake & William Parker/To Roy』 (INTAKT)

JAZZ RIGHT NOW:
Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークから)#04: 「ソロ演奏のスピリット」剛田武| 「連載第4回: ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報」シスコ・ブラッドリー| 「よしだののこのNY日誌 第2回」吉田野乃子| 「ウイリアム・パーカー・インタビュー<後編>」シスコ・ブラッドリー

INTERVIEW
#136「ハーモン・メハリ」(trumpet, composer, arranger)竹村洋子| #137「サローキ・アーギ」(歌手)横井一江

CONCERT/LIVE REPORT
#821「maiko at No Bird」悠雅彦 #822「<歌曲(リート)の森> 〜詩と音楽 Gedichte und Musik〜 第16篇」藤堂清| #823「<歌曲(リート)の森> 〜詩と音楽 Gedichte und Musik〜 第16篇、第17篇」藤原聡| #824「レイフ・オヴェ・アンスネス(指揮&ピアノ) with マーラー・チェンバー・オーケストラ〜ベートーヴェンへの旅〈ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲演奏会〉〜」佐伯ふみ| #825「日本フィルハーモニー交響楽団第670回〜東京定期演奏会」悠雅彦| #826「日本フィルハーモニー交響楽団第670回〜東京定期演奏会」藤原聡| #827「渡辺玲子&アンドレア・ルケシーニ デュオ・リサイタル」佐伯ふみ| #828「チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ 2015日本ツアー【生誕175年記念チャイコフスキー・プログラム】」藤原聡| #829「カイヤ・サーリアホ:コンポージアム2015オペラ「遥かなる愛」/東京都交響楽団 第789回 定期演奏会」悠雅彦| #830「ハンブルク北ドイツ放送交響楽団 来日公演」藤原聡| #831「ロバート・グラスパー・エクスペリメント」徳永伸一郎| #832「ロバート・グラスパー・エクスペリメント×西本智実 シンフォニック・コンサート」神野秀雄

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.