#  835

『クニ三上/ハンプス・ブギ〜ライオネル・ハンプトン』
text by 稲岡邦弥


9245 Records/バウンディ
2,800円

クニ三上(p)
クリスチャン・フェビアン(b)
デヴィッド・ギブソン(ds)
クラレンス・バンクス(tb)
マイケル・ハシム(sax)

1. オパス・ワン
2. ザ・ムーチ
3. ユー・ベター・ゴー・ナウ
4. フライング・ホーム
5. ムーンライト・セレナーデ
6. 真珠の首飾り
7. ウォーム・ヴァレー
8. シャイニー・ストッキングス
9. ハンプス・ブギ
10. イン・ザ・ムード

録音:M.P.Kuo@Uptime Studio, NY, 2011.4.11
プロデューサー:クニ三上

強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!

CDの帯に「強烈にスゥイングするので運転中は聴かないでください!」と但し書きがある。NYを拠点に活躍するクニ三上の新作。たいした自信だが、看板に偽りはない。オープナーの<オパス・ワン>。三上が1991年から2002年に94才で亡くなるまで専属ピアニストとして仕えたライオネル・ハンプトン楽団の定番のひとつ。ベースはハンプトン楽団の僚友クリスチャン・フェビアン、ドラムスはカウント・ベイシー楽団やイリノイ・ジャケー楽団で活躍したデヴィッド・ギブソンとそれぞれビッグバンドOBなのだが、なかで一番強烈にドライヴしているのが三上自身。三上は5,6年前から毎年2回ずつ全国ツアーを敢行しているのでそのドライヴ(スゥイングを超えてドライヴと表現する方が相応しいかも)するピアノに触れたファンは多いことだろう。ハンプのナンバーからは他に、<ハンプス・ブギ><フライング・ホーム><真珠の首飾り>。どの曲もハンプのスピリットが乗り移ったかのように快適にスゥイングする。このアルバムはハンプに捧げられているのだが、三上がピアニストとして来日経験のあるデューク・エリントン(<ザ・ムーチ>、<ウォーム・ヴァレー>を始め、カウント・ベイシー(先日亡くなったフランク・フォスターの名曲<シャイニー・ストッキングス>)、グレン・ミラー(<イン・ザ・ムード>)、トミー・ドーシー(<ムーンライト・セレナード>)とお馴染みのビッグバンドの定番で構成されている。演奏は、クインテット、カルテット、トリオと曲により編成が変わるのだが、共通するのは強烈なスゥイング感。なかで、一瞬、ハッとするのは、<ムーンライト・セレナーデ>。種明かしはヤボかもしれないが、<フライング・ホーム>で強烈にジャンプさせたあと、三上がスーツに身を正し、やおらベートーヴェンの<月光ソナタ>を引き出すくだり。ベイシー楽団在籍17年のクラレンス・バンクス(tb)、エリントン楽団のマイケル・ハシム(sax)共にツボを心得た演奏で楽しませる。<ユー・ベター・ゴー・ナウ>のミュートを使ったバンクスのボントロはどこかビリー・ホリデイを彷彿させるし(裏でむせぶハシムのサックスはレスター・ヤングか)、<ウォーム・ヴァレー>で聴かせるハシムのソロにビリー・ストレイホーンを偲ぶファンも多いことだろう。“ジャズはエンターテインメント”というハンプの信念を受け継ぐクニ三上の真骨頂を地で行く快作。今頃、ツアーで元気に全国巡演中のはず。(稲岡邦弥)
*ツアー・スケジュールについてはニュースの項を参照。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW7.26 '15

FIVE by FIVE
#1234『マンボ・イン/ファイヴ・ブラザーズ』(MIP/アオラ) 小西敬一| #1235『奥平真吾/The New Force+1 This is New〜Live at Shinjuku PIT INN』(PitInn) 望月由美| #1236『Charlie Hunter Trio / Let The Bells Ring On』(Charlie Hunter Music) 常盤武彦 | #1237『Pete Rodriguez / El Conde Negro』(DESTINY RECORDS)常盤武彦| #1238『大凶風呂敷 DaiKyoFuroShiki/YUU 』(A Wild Flesh Productions) 剛田 武| #1239『望月治孝・近藤秀秋 / el idioma infinito』剛田 武| #1240『Charenee Wade / Offering The Music of Gil Scott-Heron and Brian Jackson』 (motéma music) 常盤武彦| #1241『Candice Hoyes / On a Turquoise Cloud』悠 雅彦

COLUMN
追悼特集 オーネット・コールマン R.I.P. Ornette Coleman
悠雅彦 Masahiko Yuh|カール・ベルガー Dr.Karl Berger|ロベルト・マゾッティ Roberto Masotti|オスカー・デリック・ブラウン Oscar Deric Brown|杉田誠一 Seiichi Sugita|望月由美 Yumi Mochizuki|常盤武彦 Takehiko Tokiwa|剛田 武 Takeshi Goda|小橋敦子 Atsuko Kohashi|稲岡邦弥 Kenny Inaoka|メモリアル Memorial

連載フォト・エッセイ:Reflection of Music 40「姜泰煥@宇都宮市be off 2014」横井一江| 特別寄稿 「アンダルシアへ――フラメンコギター留学記」関根彰良| 及川公生の聴きどころチェック#235『ロバート・グラスパー/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル・ミュージック)| 及川公生の聴きどころチェック#236『Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields』(artistShare )| 及川公生の聴きどころチェック#237『近藤秀秋/ASYL:アジール』(PSF Records)| 及川公生の聴きどころチェック#238『矢野沙織/Bubble Bubble Bebop』(日本コロムビア)| 及川公生の聴きどころチェック#239『Michiru/空話集 〜アレゴリア・インフィニータ』 (MICHIRU WORKS)| 及川公生の聴きどころチェック#240『高樹レイ with 中牟礼貞則/DUO-one』(Uplift Jazz Record)

JAZZ RIGHT NOW:
Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークから)#05: 「若者の主張」剛田武| 「連載第5回: ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報」シスコ・ブラッドリー| 「よしだののこのNY日誌 第3回」吉田野乃子| 「クリス・ピッツイオコス・インタビュー」シスコ・ブラッドリー

INTERVIEW
#140 末富健夫 Takeo Suetomi (ちゃぷちゃぷミュージック主宰)| #141 クリス・ピッツイオコスChris Pitsiokos (サクソフォン奏者|作曲家|即興演奏家)

EVENT
Racha Fora ハシャ・フォーラ CD『ハシャ・ス・マイルス』 発売記念ジャパン・ツアー2015

CONCERT/LIVE REPORT
#833「マイク・スターン・バンド featuring ヴィクター・ウッテン、ボブ・フランセスチーニ&ウィル・カルホーン」神野秀雄| #834「アート・リンゼイズ・レストレス・サンバguest :ジム・オルーク」神野秀雄| #835「横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ43〜竹澤恭子 堤剛 児玉桃」神野秀雄| #836「藤井郷子 3DAYS@新宿 Pit Inn」悠 雅彦| #837「初夏の風はジャズの薫り2015」竹ノ内和久| #838「NYの尖鋭・吉田ののこ/色彩の舞踏・航×Praha」剛田 武

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.