#  883

『ダニエル・ホープ/ロマンティック・ヴァイオリニスト』
text by 大木正純


ドイツ・グラモフォン/ユニバーサル
UCCG1564
2,800円

演奏者:
ダニエル・ホープ(ヴァイオリン、ヴィオラ)、サカリ・オラモ(指揮)、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、セバスティアン・クナウアー(ピアノ)、アンネ=ソフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)、ベンクト・フォシュベリ(ピアノ)

曲目:
1. ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
2. クラーラ・シューマン:ロマンス op.22-1
3. ブラームス:スケルツォ(F.A.Eソナタから)
4. ヨアヒム:ロマンス op.2-1
5. ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
6. ヨアヒム:夜想曲 op.12
7. ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
8. シューベルト:水の上で歌うD.774
9. ブラームス:聖なる子守歌 op.91-2
10. ドヴォルジャーク:ユーモレスク op.107-1

録音場所:ストックホルム、ハンブルク
録音時:2010年8月
プロデューサー:ジョン・ウェスト、ヘルムート・ブルク
エンジニア:マイク・ハッチ、ヘルムート・ブルク

 ヨーゼフ・ヨアヒムの名は、たとえばブラームスの伝記などにはそれこそ嫌と言うほどたびたび登場するし、ヴァイオリン協奏曲の歴史的名作(ベートーヴェンやブラームス)のカデンツァの作者、あるいは各種作品のヴァイオリン用編曲者として、いまもことあるごとに言及される。しかしコンサートにしてもディスクにしても、この人物が主役になるというケースは、これまであまりなかったのではないだろうか。

 イギリスの個性派ヴァイオリニスト、ダニエル・ホープのニュー・アルバムは、そのヨアヒムにスポットを当てたユニークな1枚。いわば音楽による小ヨアヒム物語といった趣である。収録曲はヨアヒムが大幅に手を入れた校訂版で世界に流布しているブルッフの名高いヴァイオリン協奏曲第1番以下、ヨアヒムに献呈されたクラーラ・シューマン作の小品「ロマンス」、ヨアヒムのモットー“自由に、しかし孤独に”に由来する共作ソナタ(F.A.E)のブラームスによるスケルツォ楽章、次いでヨアヒム本人の小品「ロマンス」、ヨアヒム編曲によるブラームスの人気ナンバー「ハンガリー舞曲第1番」……(そのほか5曲)という具合に続いてゆく。

 それだけならただの寄せ集めに終わってしまいそうなところだが、どっこい、選曲にも曲順にもそれなりに工夫が凝らされていて、注意深く聴くリスナーのイメージの中に、おのずとヨアヒムの音楽家としての人間像が浮かび上がってくる仕掛けになっているところがミソである。

 ほかでは容易に聴けないクラーラの「ロマンス」やヨアヒムの「夜想曲」が掘り出しものとも言うべきチャーミングな作品だし、ブラームスの知られざる(?)名作歌曲「聖なる子守歌」がオッターという豪華な客演で演奏されているのも嬉しい。(大木正純)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.