#  910

『MIZUHO & タイガー大越/Dear DUKE』
text by 稲岡邦弥


House Of Jazz
HOJ120401

MIZUHO (vo)
Tiger Okoshi (tp/flgh)
Reo Genovese (piano/koto)
Randy Runyon (g)
Justin Purtill (b)
James Williams (ds)

1. It don't mean a thing
2. Prelude to a kiss
3. In a sentimental mood
4. Caravan
5. Take the A train~don't get around much anymore
6. Mood Indigo
7. Satin doll
8. In a mellow tone
9. A Flat Minor

Arranged & produced by Tiger Okoshi
Recorded at PBS Westwood, MA, May 24~27, 2011

ボストンのバークリー音楽院で運命の出会いをした道産子ディーヴァMIZUHOとタイガー大越のコラボレーションが3作目を迎えて大ジャンプを果たした。テーマはエリントンである!過去の2作(『翼』2008。『スターズ・アンド・ムーン』2010)を通じてMIZUHOの実力を熟知しているタイガーはMIZUHOにヴォーカリスト以上の役割を担わせようとしたかのような大胆なアレンジを施した。そしてMIZUHOはタイガーの期待に違わぬ快唱でそれに応えた。
タイガーのコンテンポラリーなアレンジはすでに定評があるが、耳に馴染んだエリントンのクラシックの数々がまったく思いもかけない装いをまとって次から次へと登場する。ラテンはまだしもファンクやファズのかかったギター・ソロに目を向く穏健派ファンもいることだろう。
オーヴァーダビングによるハーモニー付け、奔放なスキャット、ヴォカリーズ、 さまざまなテクニックを駆使し、時にはインストの一部と化してタイガーの斬新なアレンジを楽々とこなしていくMIZUHO。
一部を抜き出すと違和感を感じるファンも、オープナーから自然な流れに身を任せていると次の仕掛けを楽しみに待つ自分を発見して驚くことだろう。その仕掛けの詳細は明かさない方が良いに決まっている。
がっぷり4つに組みながら、彼らの身のこなしはそれほどこなれ切っている。僕自身はとても楽しく聴いた。エリントンに手を付けることはそれほど容易なことではない。ある意味で日本人だからこそ挑戦できた企画と言えるかもしれない。
エリントンやヴォーカルの世界には保守的なファンが多いという。次号では内外の複数のコメンテイターに異論を含めて意見を求めてみたい。(稲岡邦弥)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW6.28 '15

FIVE by FIVE
#1220『Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields』(artistShare)常盤武彦| #1221『Lorin Cohen/Home』(ORIGIN RECORDS)常盤武彦| #1222『Mark Guiliana Jazz Quartet/Family First』(Beat Music Production)常盤武彦| #1223『Steve Davis/Say When』(Smoke Sessions Records)常盤武彦| #1224『Chris Pitsiokos Trio/Gordian Twine』(New Atlantis)齊藤彰&細田成嗣| #1225『Pascal Niggenkemper/Look with Thine Ears』(Clean Feed)剛田武| #1226『Johanna Schneider Quartet/Pridetime』(Double Moon Record)伏谷佳代| #1227『Thomas Rueckert Trio/Parvaneh』(Double Moon Record)伏谷佳代| #1228『Han Bennink & 豊住芳三郎/DADA 打、打』(ちゃぷちゃぷレコード/ユニバーサル)望月由美| #1229『姜泰煥 / Solo Duo Trio』(ちゃぷちゃぷレコード/ユニバーサル)近藤秀秋| #1230『近藤秀秋/ASYL:アジール』(PSF Records)末冨健夫| #1231『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル)悠雅彦| #1232『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル)多田雅範| #1233(特別寄稿=楽曲徹底解剖)『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル)本宿宏明

特集『今、ロバート・グラスパー』責任編集 稲岡邦弥:
ロバート・グラスパー略歴|ライヴ・レポート「ロバート・グラスパー・エクスペリメント」徳永伸一郎|コンサート・レポート「ロバート・グラスパー・エクスペリメント×西本智実シンフォニックコンサート」神野秀雄|CDレヴュー『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』悠雅彦|CDレヴュー『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』多田雅範|楽曲徹底解剖『ロバート・グラスパー・トリオ/カヴァード』本宿宏明

COLUMN
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter 39「石田幹雄」望月由美| 撮っておきの音楽家たち #109「ドゥブラフカ・トムシッチ・スレボトニャク」(ピアニスト)林喜代種| 撮っておきの音楽家たち #110「マルティン・シュタットフェルト」(ピアニスト)林喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #43 ハーモン・メハリがやって来た!「1. ハーモンの東京滞在記 」竹村洋子| 「2. ハーモン・メハリはどこへ行く?」関口登人| 「3. ジャズバー『竹花』でハーモン・メハリを聴く」関口登人| 及川公生の聴きどころチェック#230『All Star Jam Session〜THE J. MASTERS in CONCERT』(ピットインレーベル)| 及川公生の聴きどころチェック#231『近藤等則/Toshinori Kondo plays Standards〜あなたは恋を知らない』(Plankton)| 及川公生の聴きどころチェック#232『Evan Parker & 吉沢元治/Two Chaps』(ちゃぷちゃぷレコード/ユニバーサル)| 及川公生の聴きどころチェック#233『New Century Jazz Quintet/イン・ケイス・イフ・ユー・ミスト・アス』(Spice of Life)| 及川公生の聴きどころチェック#234『Oliver Lake & William Parker/To Roy』 (INTAKT)

JAZZ RIGHT NOW:
Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークから)#04: 「ソロ演奏のスピリット」剛田武| 「連載第4回: ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報」シスコ・ブラッドリー| 「よしだののこのNY日誌 第2回」吉田野乃子| 「ウイリアム・パーカー・インタビュー<後編>」シスコ・ブラッドリー

INTERVIEW
#136「ハーモン・メハリ」(trumpet, composer, arranger)竹村洋子| #137「サローキ・アーギ」(歌手)横井一江

CONCERT/LIVE REPORT
#821「maiko at No Bird」悠雅彦 #822「<歌曲(リート)の森> 〜詩と音楽 Gedichte und Musik〜 第16篇」藤堂清| #823「<歌曲(リート)の森> 〜詩と音楽 Gedichte und Musik〜 第16篇、第17篇」藤原聡| #824「レイフ・オヴェ・アンスネス(指揮&ピアノ) with マーラー・チェンバー・オーケストラ〜ベートーヴェンへの旅〈ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲演奏会〉〜」佐伯ふみ| #825「日本フィルハーモニー交響楽団第670回〜東京定期演奏会」悠雅彦| #826「日本フィルハーモニー交響楽団第670回〜東京定期演奏会」藤原聡| #827「渡辺玲子&アンドレア・ルケシーニ デュオ・リサイタル」佐伯ふみ| #828「チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ 2015日本ツアー【生誕175年記念チャイコフスキー・プログラム】」藤原聡| #829「カイヤ・サーリアホ:コンポージアム2015オペラ「遥かなる愛」/東京都交響楽団 第789回 定期演奏会」悠雅彦| #830「ハンブルク北ドイツ放送交響楽団 来日公演」藤原聡| #831「ロバート・グラスパー・エクスペリメント」徳永伸一郎| #832「ロバート・グラスパー・エクスペリメント×西本智実 シンフォニック・コンサート」神野秀雄

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.