#  910

『MIZUHO & タイガー大越/Dear DUKE』
text by 稲岡邦弥


House Of Jazz
HOJ120401

MIZUHO (vo)
Tiger Okoshi (tp/flgh)
Reo Genovese (piano/koto)
Randy Runyon (g)
Justin Purtill (b)
James Williams (ds)

1. It don't mean a thing
2. Prelude to a kiss
3. In a sentimental mood
4. Caravan
5. Take the A train~don't get around much anymore
6. Mood Indigo
7. Satin doll
8. In a mellow tone
9. A Flat Minor

Arranged & produced by Tiger Okoshi
Recorded at PBS Westwood, MA, May 24~27, 2011

ボストンのバークリー音楽院で運命の出会いをした道産子ディーヴァMIZUHOとタイガー大越のコラボレーションが3作目を迎えて大ジャンプを果たした。テーマはエリントンである!過去の2作(『翼』2008。『スターズ・アンド・ムーン』2010)を通じてMIZUHOの実力を熟知しているタイガーはMIZUHOにヴォーカリスト以上の役割を担わせようとしたかのような大胆なアレンジを施した。そしてMIZUHOはタイガーの期待に違わぬ快唱でそれに応えた。
タイガーのコンテンポラリーなアレンジはすでに定評があるが、耳に馴染んだエリントンのクラシックの数々がまったく思いもかけない装いをまとって次から次へと登場する。ラテンはまだしもファンクやファズのかかったギター・ソロに目を向く穏健派ファンもいることだろう。
オーヴァーダビングによるハーモニー付け、奔放なスキャット、ヴォカリーズ、 さまざまなテクニックを駆使し、時にはインストの一部と化してタイガーの斬新なアレンジを楽々とこなしていくMIZUHO。
一部を抜き出すと違和感を感じるファンも、オープナーから自然な流れに身を任せていると次の仕掛けを楽しみに待つ自分を発見して驚くことだろう。その仕掛けの詳細は明かさない方が良いに決まっている。
がっぷり4つに組みながら、彼らの身のこなしはそれほどこなれ切っている。僕自身はとても楽しく聴いた。エリントンに手を付けることはそれほど容易なことではない。ある意味で日本人だからこそ挑戦できた企画と言えるかもしれない。
エリントンやヴォーカルの世界には保守的なファンが多いという。次号では内外の複数のコメンテイターに異論を含めて意見を求めてみたい。(稲岡邦弥)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW11.09 '14

FIVE by FIVE
#1141『ステファノ・ボラーニ・トリオ/ジョイ・イン・スパイト・オブ・エヴリシング』(ECM/ユニバーサル) 多田雅範| #1142『Duo Gazzana/Poulenc / Walton / Dallapiccola / Schnittke / Silvestrov』(ECM) 多田雅範| #1143『Ernst Glerum〜Uri Cain/Sentimental Mood』(Favorite Records) 望月由美| #1144『ダラー・ブランド-ドン・チェリー-カルロス・ワード/第三世界〜アンダーグラウンド』(Universal D) 多田雅範| #1145『トム・ハレル /トリップ』(キング・インターナショナル)多田雅範| #1146『カラパルーシャ/カラパルーシャ』(Universal D)稲岡邦弥| #1147『Charles Lloyd / Manhattan Stories』(Resonance)稲岡邦弥| #1148『Chris Pitsiokos-Weasel Walter-Ron Anderson / MAXIMALISM』(Eleatic Recsords) 剛田武| #1149『Frank Lowe Quartet / OUT LOUD』(Triple Point Records) 剛田武| #1150 マーラー:交響曲第8番 変ホ長調『千人の交響曲』(エクストン) 藤原聡| #1151『Christoph Irniger Trio / Gowanus Canal』(Intakt) 伏谷佳代| #1152『Gian-Carla Tisera / Nora is Bellie』(Rebeliosa Music) 常盤武彦| #1153『井上陽介/Good Time』(Pony-Canyon) 神野秀雄

COLUMN
連載フォト・エッセイ Reflection of Music Vol.36「カール・ベルガー」横井一江| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.91「蜂谷真紀」| 撮っておきの演奏家たち #95「ジョン・リル」(ピアニスト)林喜代種| 撮っておきの演奏家たち #96「ルドルフ・ビーブル」(指揮者)林喜代種| オスロに学ぶ Vol.24「ノルウェーの若手トリオ-Lana Trio」 田中鮎美| エッセイ「カール・ベルガーと私」香月保乃| Live Evil:稲岡邦弥 004「ヤコブ・ブロ・トリオ」| 005「デュオ・ガッザーナ」| 006「KAZE」| 及川公生の聴きどころチェック #207『Orrin Evans / Liberation Blues』(Smoke Sessions)| 及川公生の聴きどころチェック #208『高瀬アキ-Alexander von Schlippenbach/So Long, Eric!〜Homage to Eric Dolphy』(INTAKT)| 及川公生の聴きどころチェック #209『ジョン・トロペイ・ウィズ・スティーヴ・ガッド&ウィル・リー/ガット・ユア・リズム!』(日本コロムビア)

INTERVIEW
#130 「山口真文」(サックス奏者)稲岡邦弥

EVENT
ハシャ・フォーラ 日本ツアー2014

CONCERT/LIVE REPORT
#729 「タロス・ジャズ・フェスティバル」ロベルト・マゾッティ| #730「東京二期会オペラ劇場公演『イドメネオ』」藤堂清| #731「廣瀬量平作品連続演奏会X(最終回)〜 邦楽器への激(たぎ)る想いを次世代に」悠雅彦| #732「ヤコブ・ブロ・トリオ」剛田武| #733「テリ・リン・キャリントン・フィーチャリング・リズ・ライト」神野秀雄| #734「ピエール=ロラン・エマール〜カーターへのオマージュ《室内楽コンサート》」藤原聡| #735「ファジル・サイ&須川展也・デュオ・リサイタル」悠雅彦| #736「新国立劇場 2014/2015 シーズン オープニング公演平成26年度文化庁芸術祭主催公演[新制作]ワーグナー『パルジファル』」佐伯ふみ| #737「藝大21 和楽の美 邦楽絵巻「義経記-静と義経を巡って-悠雅彦| #738「藤井郷子オーケストラTOKYO/番外オーケストラ公開録音コンサート」悠雅彦| #739「東京JAZZ 2014」神野秀雄

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.