#  910

『MIZUHO & タイガー大越/Dear DUKE』
text by 稲岡邦弥


House Of Jazz
HOJ120401

MIZUHO (vo)
Tiger Okoshi (tp/flgh)
Reo Genovese (piano/koto)
Randy Runyon (g)
Justin Purtill (b)
James Williams (ds)

1. It don't mean a thing
2. Prelude to a kiss
3. In a sentimental mood
4. Caravan
5. Take the A train~don't get around much anymore
6. Mood Indigo
7. Satin doll
8. In a mellow tone
9. A Flat Minor

Arranged & produced by Tiger Okoshi
Recorded at PBS Westwood, MA, May 24~27, 2011

ボストンのバークリー音楽院で運命の出会いをした道産子ディーヴァMIZUHOとタイガー大越のコラボレーションが3作目を迎えて大ジャンプを果たした。テーマはエリントンである!過去の2作(『翼』2008。『スターズ・アンド・ムーン』2010)を通じてMIZUHOの実力を熟知しているタイガーはMIZUHOにヴォーカリスト以上の役割を担わせようとしたかのような大胆なアレンジを施した。そしてMIZUHOはタイガーの期待に違わぬ快唱でそれに応えた。
タイガーのコンテンポラリーなアレンジはすでに定評があるが、耳に馴染んだエリントンのクラシックの数々がまったく思いもかけない装いをまとって次から次へと登場する。ラテンはまだしもファンクやファズのかかったギター・ソロに目を向く穏健派ファンもいることだろう。
オーヴァーダビングによるハーモニー付け、奔放なスキャット、ヴォカリーズ、 さまざまなテクニックを駆使し、時にはインストの一部と化してタイガーの斬新なアレンジを楽々とこなしていくMIZUHO。
一部を抜き出すと違和感を感じるファンも、オープナーから自然な流れに身を任せていると次の仕掛けを楽しみに待つ自分を発見して驚くことだろう。その仕掛けの詳細は明かさない方が良いに決まっている。
がっぷり4つに組みながら、彼らの身のこなしはそれほどこなれ切っている。僕自身はとても楽しく聴いた。エリントンに手を付けることはそれほど容易なことではない。ある意味で日本人だからこそ挑戦できた企画と言えるかもしれない。
エリントンやヴォーカルの世界には保守的なファンが多いという。次号では内外の複数のコメンテイターに異論を含めて意見を求めてみたい。(稲岡邦弥)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.25 '15

FIVE by FIVE
#1166『Mike Nock Octet/Suite Sima』(FWM)悠雅彦| #1167『Dave Douglas & Uri Caine/Present Joys』(Greenleaf Music Inc.)常磐武彦| #1168『Medeski Scofield Martin & Wood/Juice』(INDIRECTO RECORD)常磐武彦| #1169『カーリン・クローグ+スティーヴ・キューン/ふたりの夜明け』(fab./MUZAK)悠雅彦| #1170『チコ本田/ライヴ アット ラブリー バラッドナイト』(KUKU LABEL)望月由美| #1171『Konstrukt & Marshall Allen/Live At Sant'Anna Arresi Jazz Festival』(8mm Records)剛田武| #1172『カール・ベーム ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73、モーツァルト:交響曲第28番ハ長調K.200/189k、ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595』(TESTAMENT)藤原聡| #1173『Rhodri Davies & John Butcher/Routing Lynn』(ftarri)細田成嗣| #1174『キース・ジャレット・トリオ/ハンブルク‘72』(ECM/ユニバーサル・ミュージック)多田雅範| #1175『Kenny Wheeler/Songs for Quintet』(ECM)神野秀雄

COLUMN
特別寄稿「本当は寛容なイスラム」松浦茂長(在パリ)| 連載フォト・エッセイ:Reflection of Music 37「レスター・ボウイ」横井一江| 撮っておきの音楽家たち #99「アレクセイ・リュビモフ」(ピアニスト)林喜代種| 撮っておきの音楽家たち #100「パーヴォ・ヤルヴィ」(指揮者)林喜代種| カンザスシティの人と音楽 #41「カンザスシティ・ロイヤルズとカンザスシティ・シンフォニー・ディレクター、マイケル・スターン」竹村洋子| Live Evil:稲岡邦弥010「Ky Japan Tour 2014『生きるという営み』」| 011「Mike Nock Trio」| 012「織茂サブ/地無し尺八ソロライヴ」| 及川公生の聴きどころチェック #213『テディ・ウィルソン+北村英治/テディ・ミーツ・エイジ』(ユニバーサルD/ユニバーサル)| #214『キース・ジャレット・トリオ/ハンブルク‘72』(ECM/ユニバーサル・ミュージック)| 連載エッセイ:オスロに学ぶ Vol.25「オスロに戻る」田中鮎美

INTERVIEW
#132「カーリン・クログ」(vocal) 小橋敦子

GALLERY
#31『レインボー・ロータス〜A Big Hand for Hanshin』 稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#760「モーリス・ベジャール振付ベートーヴェン『第9交響曲』」林喜代種| #761「《歌曲(リート)の森》 〜詩と音楽 Gedichte und Musik〜 第15篇 ナタリー・シュトゥッツマン(コントラルト) フランス歌曲の夜」藤堂清| #762「上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス『ALIVE』日本ツアー2014」剛田武| #763「上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス『ALIVE』日本ツアー2014」神野秀雄| #764「パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団演奏会「ブラームス・シンフォニック・クロノロジー」佐伯ふみ| #765「岡田博美ピアノ・リサイタル2014」丘山万里子| #766「日本舞踊 × オーケストラ Vol.2」悠雅彦| #767「日本舞踊 × オーケストラ Vol.2」林喜代種| #768「ピアニスト園田高弘没後10年を偲んで Vol.2 高橋礼恵ピアノ・リサイタル」佐伯ふみ| #769「紫桐会秋の演奏会(第32回)」悠雅彦| #770「ゴーティエ・カプソン&ユジャ・ワン第2夜」藤原聡| #771「ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラdirected byエリック・ミヤシロ, スペシャルゲスト:リチャード・ボナ」神野秀雄| #772「故副島輝人さんを偲ぶ会」横井一江

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.