#  910

『MIZUHO & タイガー大越/Dear DUKE』
text by 稲岡邦弥


House Of Jazz
HOJ120401

MIZUHO (vo)
Tiger Okoshi (tp/flgh)
Reo Genovese (piano/koto)
Randy Runyon (g)
Justin Purtill (b)
James Williams (ds)

1. It don't mean a thing
2. Prelude to a kiss
3. In a sentimental mood
4. Caravan
5. Take the A train~don't get around much anymore
6. Mood Indigo
7. Satin doll
8. In a mellow tone
9. A Flat Minor

Arranged & produced by Tiger Okoshi
Recorded at PBS Westwood, MA, May 24~27, 2011

ボストンのバークリー音楽院で運命の出会いをした道産子ディーヴァMIZUHOとタイガー大越のコラボレーションが3作目を迎えて大ジャンプを果たした。テーマはエリントンである!過去の2作(『翼』2008。『スターズ・アンド・ムーン』2010)を通じてMIZUHOの実力を熟知しているタイガーはMIZUHOにヴォーカリスト以上の役割を担わせようとしたかのような大胆なアレンジを施した。そしてMIZUHOはタイガーの期待に違わぬ快唱でそれに応えた。
タイガーのコンテンポラリーなアレンジはすでに定評があるが、耳に馴染んだエリントンのクラシックの数々がまったく思いもかけない装いをまとって次から次へと登場する。ラテンはまだしもファンクやファズのかかったギター・ソロに目を向く穏健派ファンもいることだろう。
オーヴァーダビングによるハーモニー付け、奔放なスキャット、ヴォカリーズ、 さまざまなテクニックを駆使し、時にはインストの一部と化してタイガーの斬新なアレンジを楽々とこなしていくMIZUHO。
一部を抜き出すと違和感を感じるファンも、オープナーから自然な流れに身を任せていると次の仕掛けを楽しみに待つ自分を発見して驚くことだろう。その仕掛けの詳細は明かさない方が良いに決まっている。
がっぷり4つに組みながら、彼らの身のこなしはそれほどこなれ切っている。僕自身はとても楽しく聴いた。エリントンに手を付けることはそれほど容易なことではない。ある意味で日本人だからこそ挑戦できた企画と言えるかもしれない。
エリントンやヴォーカルの世界には保守的なファンが多いという。次号では内外の複数のコメンテイターに異論を含めて意見を求めてみたい。(稲岡邦弥)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW3.29 '15

FIVE by FIVE
#1183『板橋文夫FIT!/2nd Step 〜 M・A・B・U・I』(MIX DYNAMITE RECORD)望月由美| #1184『クリス・ポッター・アンダーグラウンド・オーケストラ/イマジナリー・シティーズ』(ECM/ユニバーサル)多田雅範| #1185『Vijay Iyer/Break Stuff』(ECM)多田雅範| #1186『Curtis Nowosad/Dialectics』(Cellar Live)関口登人| #1187『Clarence Penn & Penn Station/Monk: The Lost Files』(Origin Records)常盤武彦| #1188『Eddie Henderson/Collective Portrait』(Smoke Sessions Records)常盤武彦| #1189『スティーヴ・ガッド・バンド/70 ストロング』(Columbia - Savoy/日本コロムビア)神野秀雄| #1190『Chris Pitsiokos, Philip White/PAROXYSM』(Carrier) 『Weasel Walter and Chris Pitsiokos/Drawn and Quartered』(One Hand Records)剛田武| #1191『Meeco/Souvenirs of Love』(Double Moon Records)伏谷佳代| #1192『Gebhard Ullmann Basement Research/Hat and Shoes』(between the lines)伏谷佳代| #1193『Michel Reis Quartet/Capturing This Moment』(Double Moon Records)伏谷佳代| #1194『SOKOLOV/ザルツブルク・リサイタル2008』(Deutsche Grammophon)藤原聡| #1195『キース・ジャレット/クリエイション』(ECM/ユニバーサル)多田雅範

COLUMN
新連載「JazzRightNow - Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート)」シスコ・ブラッドリー+剛田武| 連載フォト・エッセイ:Reflection of Music 38「ジョージ・E・ルイス」横井一江| 撮っておきの音楽家たち #103「ファビオ・ビオンディ」(ヴァイオリニスト・指揮者)林喜代種| 撮っておきの音楽家たち #104「ジョバンニ・ミラバッシ」(ジャズ・ピアニスト)林喜代種| JAZZ meets 杉田誠一Vol. 94「追悼 大江宏」| Live Evil:稲岡邦弥#013「新垣隆=吉田隆一『N/Y』リリース記念コンサート」| #014「鈴木良雄ジェネレーション・ギャップ Debut Album Release Live」| #015「庄田次郎DAY with 蜂谷真紀+あうん」| 及川公生の聴きどころチェック#220『新垣隆 吉田隆一/N/Y』(APOLLO SOUNDS APLS1505)| #221『鈴木勲/衝撃の“アヴェ・マリア”』(キングレコード)| #222『Jack DeJohnette/Made in Chicago』(ECM)| #223『Jakob Bro/Gefion』(ECM 2381)| #224『小橋敦子+フランス・ヴァン・デル・フーヴェン+セバスティアン・カプテイン/ルージョン』(SPACE SHOWER MUSIC)

CONCERT/LIVE REPORT
#784「プラハ・フィルハーモニア管弦楽団2015年日本公演」藤原聡| #785「東京オペラ・プロデュース第95回定期公演 ヴォルフ=フェラーリ《シンデレラ》日本初演」佐伯ふみ| #786「ステップス・アヘッド」神野秀雄| #787「ラデク・バボラーク&新日本フィル」悠雅彦| #788「コンスタンチン・リフシッツ/J.S.バッハの宇宙〜第2回〜」藤原聡| #789「第44回サントリー音楽賞受賞記念コンサート/藤村実穂子」丘山万里子| #790「守屋純子オーケストラ〜Big Band Plays Hard Bop」悠雅彦| #791「佐藤久成ヴァイオリン・リサイタル」悠雅彦| #792「ピョートル・アンデルシェフスキ ピアノ・リサイタル」佐伯ふみ| #793「音楽堂バロック・オペラ/メッセニアの神託」藤堂清| #794「今井和雄 齋藤徹 ロジャー・ターナー」玉井新二| #795「東京文化会館 プラチナ・シリーズ<世界最高峰のリートデュオ>」藤堂清| #796「パブロ・シーグレル5重奏団 featuring レジーナ・カーター〜タンゴ・ジャズ・コネクション」悠雅彦| #797「マーカス・ミラー ブルーノート東京」神野秀雄

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.