#  910

『MIZUHO & タイガー大越/Dear DUKE』
text by 稲岡邦弥


House Of Jazz
HOJ120401

MIZUHO (vo)
Tiger Okoshi (tp/flgh)
Reo Genovese (piano/koto)
Randy Runyon (g)
Justin Purtill (b)
James Williams (ds)

1. It don't mean a thing
2. Prelude to a kiss
3. In a sentimental mood
4. Caravan
5. Take the A train~don't get around much anymore
6. Mood Indigo
7. Satin doll
8. In a mellow tone
9. A Flat Minor

Arranged & produced by Tiger Okoshi
Recorded at PBS Westwood, MA, May 24~27, 2011

ボストンのバークリー音楽院で運命の出会いをした道産子ディーヴァMIZUHOとタイガー大越のコラボレーションが3作目を迎えて大ジャンプを果たした。テーマはエリントンである!過去の2作(『翼』2008。『スターズ・アンド・ムーン』2010)を通じてMIZUHOの実力を熟知しているタイガーはMIZUHOにヴォーカリスト以上の役割を担わせようとしたかのような大胆なアレンジを施した。そしてMIZUHOはタイガーの期待に違わぬ快唱でそれに応えた。
タイガーのコンテンポラリーなアレンジはすでに定評があるが、耳に馴染んだエリントンのクラシックの数々がまったく思いもかけない装いをまとって次から次へと登場する。ラテンはまだしもファンクやファズのかかったギター・ソロに目を向く穏健派ファンもいることだろう。
オーヴァーダビングによるハーモニー付け、奔放なスキャット、ヴォカリーズ、 さまざまなテクニックを駆使し、時にはインストの一部と化してタイガーの斬新なアレンジを楽々とこなしていくMIZUHO。
一部を抜き出すと違和感を感じるファンも、オープナーから自然な流れに身を任せていると次の仕掛けを楽しみに待つ自分を発見して驚くことだろう。その仕掛けの詳細は明かさない方が良いに決まっている。
がっぷり4つに組みながら、彼らの身のこなしはそれほどこなれ切っている。僕自身はとても楽しく聴いた。エリントンに手を付けることはそれほど容易なことではない。ある意味で日本人だからこそ挑戦できた企画と言えるかもしれない。
エリントンやヴォーカルの世界には保守的なファンが多いという。次号では内外の複数のコメンテイターに異論を含めて意見を求めてみたい。(稲岡邦弥)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW7.26 '15

FIVE by FIVE
#1234『マンボ・イン/ファイヴ・ブラザーズ』(MIP/アオラ) 小西敬一| #1235『奥平真吾/The New Force+1 This is New〜Live at Shinjuku PIT INN』(PitInn) 望月由美| #1236『Charlie Hunter Trio / Let The Bells Ring On』(Charlie Hunter Music) 常盤武彦 | #1237『Pete Rodriguez / El Conde Negro』(DESTINY RECORDS)常盤武彦| #1238『大凶風呂敷 DaiKyoFuroShiki/YUU 』(A Wild Flesh Productions) 剛田 武| #1239『望月治孝・近藤秀秋 / el idioma infinito』剛田 武| #1240『Charenee Wade / Offering The Music of Gil Scott-Heron and Brian Jackson』 (motéma music) 常盤武彦| #1241『Candice Hoyes / On a Turquoise Cloud』悠 雅彦

COLUMN
追悼特集 オーネット・コールマン R.I.P. Ornette Coleman
悠雅彦 Masahiko Yuh|カール・ベルガー Dr.Karl Berger|ロベルト・マゾッティ Roberto Masotti|オスカー・デリック・ブラウン Oscar Deric Brown|杉田誠一 Seiichi Sugita|望月由美 Yumi Mochizuki|常盤武彦 Takehiko Tokiwa|剛田 武 Takeshi Goda|小橋敦子 Atsuko Kohashi|稲岡邦弥 Kenny Inaoka|メモリアル Memorial

連載フォト・エッセイ:Reflection of Music 40「姜泰煥@宇都宮市be off 2014」横井一江| 特別寄稿 「アンダルシアへ――フラメンコギター留学記」関根彰良| 及川公生の聴きどころチェック#235『ロバート・グラスパー/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル・ミュージック)| 及川公生の聴きどころチェック#236『Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields』(artistShare )| 及川公生の聴きどころチェック#237『近藤秀秋/ASYL:アジール』(PSF Records)| 及川公生の聴きどころチェック#238『矢野沙織/Bubble Bubble Bebop』(日本コロムビア)| 及川公生の聴きどころチェック#239『Michiru/空話集 〜アレゴリア・インフィニータ』 (MICHIRU WORKS)| 及川公生の聴きどころチェック#240『高樹レイ with 中牟礼貞則/DUO-one』(Uplift Jazz Record)

JAZZ RIGHT NOW:
Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークから)#05: 「若者の主張」剛田武| 「連載第5回: ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報」シスコ・ブラッドリー| 「よしだののこのNY日誌 第3回」吉田野乃子| 「クリス・ピッツイオコス・インタビュー」シスコ・ブラッドリー

INTERVIEW
#140 末富健夫 Takeo Suetomi (ちゃぷちゃぷミュージック主宰)| #141 クリス・ピッツイオコスChris Pitsiokos (サクソフォン奏者|作曲家|即興演奏家)

EVENT
Racha Fora ハシャ・フォーラ CD『ハシャ・ス・マイルス』 発売記念ジャパン・ツアー2015

CONCERT/LIVE REPORT
#833「マイク・スターン・バンド featuring ヴィクター・ウッテン、ボブ・フランセスチーニ&ウィル・カルホーン」神野秀雄| #834「アート・リンゼイズ・レストレス・サンバguest :ジム・オルーク」神野秀雄| #835「横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ43〜竹澤恭子 堤剛 児玉桃」神野秀雄| #836「藤井郷子 3DAYS@新宿 Pit Inn」悠 雅彦| #837「初夏の風はジャズの薫り2015」竹ノ内和久| #838「NYの尖鋭・吉田ののこ/色彩の舞踏・航×Praha」剛田 武

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.