#  910

『MIZUHO & タイガー大越/Dear DUKE』
text by 稲岡邦弥


House Of Jazz
HOJ120401

MIZUHO (vo)
Tiger Okoshi (tp/flgh)
Reo Genovese (piano/koto)
Randy Runyon (g)
Justin Purtill (b)
James Williams (ds)

1. It don't mean a thing
2. Prelude to a kiss
3. In a sentimental mood
4. Caravan
5. Take the A train~don't get around much anymore
6. Mood Indigo
7. Satin doll
8. In a mellow tone
9. A Flat Minor

Arranged & produced by Tiger Okoshi
Recorded at PBS Westwood, MA, May 24~27, 2011

ボストンのバークリー音楽院で運命の出会いをした道産子ディーヴァMIZUHOとタイガー大越のコラボレーションが3作目を迎えて大ジャンプを果たした。テーマはエリントンである!過去の2作(『翼』2008。『スターズ・アンド・ムーン』2010)を通じてMIZUHOの実力を熟知しているタイガーはMIZUHOにヴォーカリスト以上の役割を担わせようとしたかのような大胆なアレンジを施した。そしてMIZUHOはタイガーの期待に違わぬ快唱でそれに応えた。
タイガーのコンテンポラリーなアレンジはすでに定評があるが、耳に馴染んだエリントンのクラシックの数々がまったく思いもかけない装いをまとって次から次へと登場する。ラテンはまだしもファンクやファズのかかったギター・ソロに目を向く穏健派ファンもいることだろう。
オーヴァーダビングによるハーモニー付け、奔放なスキャット、ヴォカリーズ、 さまざまなテクニックを駆使し、時にはインストの一部と化してタイガーの斬新なアレンジを楽々とこなしていくMIZUHO。
一部を抜き出すと違和感を感じるファンも、オープナーから自然な流れに身を任せていると次の仕掛けを楽しみに待つ自分を発見して驚くことだろう。その仕掛けの詳細は明かさない方が良いに決まっている。
がっぷり4つに組みながら、彼らの身のこなしはそれほどこなれ切っている。僕自身はとても楽しく聴いた。エリントンに手を付けることはそれほど容易なことではない。ある意味で日本人だからこそ挑戦できた企画と言えるかもしれない。
エリントンやヴォーカルの世界には保守的なファンが多いという。次号では内外の複数のコメンテイターに異論を含めて意見を求めてみたい。(稲岡邦弥)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW7.27 '14

FIVE by FIVE
#1114『David Weiss / When Words Fail』(Motena Music) 常盤武彦| #1115 『石井彰/エンドレス・フロウ』(Studio TLive Records)望月由美| #1116 『Hans Luedmann Trio Ivoire / Timbuktu』(Intuition) 伏谷佳代| #1117 『Peter van Huffel’s Gorilla Mask / Bite My Blues』(Cleanfeed) 伏谷佳代| #1118『House of Mirrors / Act One』(wismart) 伏谷佳代| #1119『Henry Butler-Steven Bernstein and Hot 9 / Viper's Drag』(impulse!) 常盤武彦| #1120『望月治孝/PAS [パ]』剛田武| #1121『David Neves / Progress Report』 都並清史| #1122『Jae Cheol Oh / Time Stamping』 (Jaeohmusic) 都並清史| #1123『Billy Buss / Scenes from a Dream』都並清史| #1124『内田修ジャズコレクション/カタログVOL.1 60's』(岡崎市立中央図書館) 稲岡邦弥| #1125 『内田修ジャズコレクション/人物VOL.1 高柳昌行』(岡崎市立中央図書館)稲岡邦弥| #1126『Charles Lloyd/Arrows Into Infinity』(ECM) 稲岡邦弥

COLUMN
創刊200号記念特集 エッセイ「音楽との出会い」 (ABC順):
O.ブラウン|周昭平|J.コスグローヴ|藤井郷子|藤原聡|剛田武|林喜代種|本郷泉|本宿宏明|堀内宏公|稲岡邦弥|神野秀雄|小橋敦子|小西啓一|望月由美|成田正|及川公生|丘山万里子|佐伯ふみ|佐伯麻由|須藤伸義| 杉田誠一|多田雅範|竹村洋子|田村夏樹|田中鮎美|藤堂清|常盤武彦|横井一江|悠雅彦

緊急追悼特集 チャーリー・ヘイデン:ポール・ブレイ|カーラ・ブレイ|キース・ジャレット|ハンス・ヴェンドゥル|小橋敦子|久田定|原田和男|常盤武彦|横井一江|稲岡邦弥
緊急追悼特集 副島輝人:末冨健夫|沖 至|杉田誠一|横井一江| 稲岡邦弥
連載フォト・エッセイ:Reflection of Music Vol.35「アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ」横井一江| 撮っておきの音楽家たち #91「ヴァレリー・アファナシエフ」林 喜代種| 撮っておきの音楽家たち #92「バルバラ・フリットリ」林 喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #38「活気づいて来たカンザス・シティ・ジャズシーン」竹村洋子| タガララジオ46「Classic Tracks 383 - 393」Niseko-Rossy Pi-Pikoe| オスロに学ぶ Vol.22「直径1kmの景色」田中鮎美| 及川公生の聴きどころチェック #198『山下洋輔スペシャル・ビッグバンド/ボレロ|展覧会の絵』(Jamrice)| #199『山下洋輔xスガダイロー』(velvetsun/spaceshower)| #200(アーカイヴ編)『バリー・ハリス/ライヴ・アット・ダグ 完全版』 (SOMETHIN'COOL)| #201『キース・ジャレット+チャーリー・ヘイデン/ラスト・ダンス』(ECM)| #202『クレア・マーティン&モンペリエ・チェロ四重奏団/タイム・アンド・プレイス』(LINN)

GALLERY
#29 Sound-track from Bad Timing『ジェラシー〜愛のテーマT/愛のテーマU /キース・ジャレット』

INTERVIEW
創刊200号記念アーカイヴ特集 #126 (#60 /Archive) 「キース・ジャレット」須藤伸義| 創刊200号記念アーカイヴ特集 #127 (#61 /Archive) 「キース・ジャレット」須藤伸義| #128 KAZE 日本ツアー直前インタヴュー(田村夏樹+藤井郷子)

CONCERT/LIVE REPORT
#702「Simon Phillips "Protocol II" 」神野秀雄| #703「AGA-SHIOヨーロッパツアー」神野秀雄| #704「サン・ラ・アーケストラ featuring マエストロ・マーシャル・アレン」剛田武| #705「第10回イマジン七夕コンサート2014 ルネ・コロ さよならコンサート」藤堂 清| #706「Bunkamura 25周年記念 リヨン歌劇場来日公演 オッフェンバック『ホフマン物語』」佐伯ふみ| #707 「ホー・シーハオ/チェロ・リサイタル」悠 雅彦| #708「日本・スイス国交樹立150周年記念・武蔵野合唱団第47回定期演奏会」藤原聡| #709「フランス国立リヨン管弦楽団演奏会」藤原 聡

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.