#  910

『MIZUHO & タイガー大越/Dear DUKE』
text by 稲岡邦弥


House Of Jazz
HOJ120401

MIZUHO (vo)
Tiger Okoshi (tp/flgh)
Reo Genovese (piano/koto)
Randy Runyon (g)
Justin Purtill (b)
James Williams (ds)

1. It don't mean a thing
2. Prelude to a kiss
3. In a sentimental mood
4. Caravan
5. Take the A train~don't get around much anymore
6. Mood Indigo
7. Satin doll
8. In a mellow tone
9. A Flat Minor

Arranged & produced by Tiger Okoshi
Recorded at PBS Westwood, MA, May 24~27, 2011

ボストンのバークリー音楽院で運命の出会いをした道産子ディーヴァMIZUHOとタイガー大越のコラボレーションが3作目を迎えて大ジャンプを果たした。テーマはエリントンである!過去の2作(『翼』2008。『スターズ・アンド・ムーン』2010)を通じてMIZUHOの実力を熟知しているタイガーはMIZUHOにヴォーカリスト以上の役割を担わせようとしたかのような大胆なアレンジを施した。そしてMIZUHOはタイガーの期待に違わぬ快唱でそれに応えた。
タイガーのコンテンポラリーなアレンジはすでに定評があるが、耳に馴染んだエリントンのクラシックの数々がまったく思いもかけない装いをまとって次から次へと登場する。ラテンはまだしもファンクやファズのかかったギター・ソロに目を向く穏健派ファンもいることだろう。
オーヴァーダビングによるハーモニー付け、奔放なスキャット、ヴォカリーズ、 さまざまなテクニックを駆使し、時にはインストの一部と化してタイガーの斬新なアレンジを楽々とこなしていくMIZUHO。
一部を抜き出すと違和感を感じるファンも、オープナーから自然な流れに身を任せていると次の仕掛けを楽しみに待つ自分を発見して驚くことだろう。その仕掛けの詳細は明かさない方が良いに決まっている。
がっぷり4つに組みながら、彼らの身のこなしはそれほどこなれ切っている。僕自身はとても楽しく聴いた。エリントンに手を付けることはそれほど容易なことではない。ある意味で日本人だからこそ挑戦できた企画と言えるかもしれない。
エリントンやヴォーカルの世界には保守的なファンが多いという。次号では内外の複数のコメンテイターに異論を含めて意見を求めてみたい。(稲岡邦弥)

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW10.04 '14

FIVE by FIVE
#1127『Farmers By Nature : Gerald Cleaver・William Parker・Craig Taborn. / Love and Ghosts』 (AUM Fidelity AUM089/90) 多田雅範| #1128『People / 3x a Woman: The Misplaced Files』 (Telegraph Harp) 多田雅範/剛田武| #1129『チェカレリ、ピルク、ブラメリー/TWENTY』(Bonsai Music)望月由美| #1130『Ryan Keberle & Catharsis / Into The Zone』(Greenleaf Music) 常盤武彦| #1131『Orrin Evans / Liberation Blues 』(Smoke Sessions) 常盤武彦| #1132『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM) 多田雅範| #1133『ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)/J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(全曲)』(DGG/ユニバーサルミュージック) 藤原聡| #1134『アントニオ・サンチェス / スリー・タイムス・スリー〜フィーチャリング・ブラッド・メルドウ-ジョン・スコフィールド-ジョー・ロバーノ』(CAM Jazz/キング・インターナショナル) 多田雅範| #1135『TReS /La Luna Roja (アルゼンチンの赤い月)』(ンバギ) 悠雅彦| #1136 『Jeff Denson & Joshua White / I’ll Fly Away』(pfMentum) 伏谷佳代| #1137『陰猟腐厭/初期作品集 1980-82』(EM Records) 剛田武| #1138『陰猟腐厭/抱握』(EM Records) 剛田武| #1139『佐藤允彦トリオ / 童心戯楽』 (BAJ Records) 横井一江| #1140『Akira Sakata, Johan Berthling, Paal Nilssen-Love / ARASHI』(Trost Records) 横井一江

COLUMN
緊急追悼特集 ケニー・ホイーラー:エンジェル・ソングス(ECM:マンフレート・アイヒャー/スティーヴ・レイク)|音楽とインスピレーションをありがとう(ヤコブ・ブロ)|心より So long!(高瀬アキ)|またひとつの個性が旅立った(横井一江)|Azimuthのライヴとクリニック(神野秀雄)|RIP(ロベルト・マゾッティ|車輪職人さん、さようなら(神子直之)|僕のいちばん好きなアルバム(稲岡邦弥)|巨匠逝く(アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ)
追悼 副島輝人(続):「常に新しきもの″を求めて ―ニュージャズホールからメールスまで―」玉井新二
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter 35.「石井彰」望月由美| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.91「浦邊雅祥 (アルトサックス奏者)」| 撮っておきの演奏家たち #93「岩崎 淑(ピアニスト)」林喜代種| 撮っておきの演奏家たち #94「ロリン・マゼール(指揮者)」林喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #39 「カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・セレブレーション」竹村洋子| オスロに学ぶ Vol.23 「オスロ・ジャズ・フェスティバル 2014」 田中鮎美| ある音楽プロデューサーの軌跡 #31「反逆のジャズ・シリーズ」稲岡邦弥| 及川公生の聴きどころチェック #203「『TRIO 3 + Vijay Iyer / Wiring』(Intakt)| 及川公生の聴きどころチェック #204「『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM)| 及川公生の聴きどころチェック #205『マンハッタン・ジャズ・オーケストラ/ボレロ』(Paddle Wheel)| 及川公生の聴きどころチェック #206『C.U.G.ジャズ・オーケストラ/Twenty Five and Counting!』(CUG Records)| LiveEvil 「001: ビッグバンドで甦る小学唱歌| 002: ミラノ・チャリティー・コンサートにまつわる忌まわしい事件を思い出す| 003: ふたりのアヴィシャイ・コーエン」稲岡邦弥

INTERVIEW
#129 来日直前緊急インタヴュー「ヤコブ・ブロ(ギタリスト)」 稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#710「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」 悠雅彦| #711「亀山香能・箏曲リサイタル〜江戸のヒットメーカー山田検校を聴く」悠 雅彦| #712「グンジョーガクレヨン+橋本孝之(.es)」 剛田 武| #713「作曲家の肖像」シリーズVol.98〈ビゼー〉」 藤原 聡| #714「藤井昭子/地歌 Live (第70回記念公演)」悠 雅彦| #715「オリヴィエ・メシアン ハラウィ〜愛と死の歌〜」藤堂 清| #716「三善晃/オペラ『遠い帆』」 丘山万里子| #717「第35回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」佐伯ふみ| #718「高瀬アキ with ハン・ベニンク『Two for Two』」悠 雅彦| #719『JAZZ ART せんがわ2014』 横井一江| #720『JAZZ ART せんがわ2014』 多田雅範| #721『JAZZ ART せんがわ2014』 剛田 武| #722「灰野敬二ライブ」 剛田 武| #723「第13回 東京ジャズ祭 2014」 悠 雅彦| #724「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神子直之| #725「ジャケス・モレレンバウム、パウラ・モレレンバウム & 伊藤ゴロー」 神野秀雄| #726「塩谷哲トリオ “ライヴ 2014”」 神野秀雄| #727「シカゴ・ジャズ・フェスティバル〜ゲイリー・バートン&トム・ハレル」 神野秀雄| #728 「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2014 ジャパン・デイ」 神野秀雄

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.