Concert Report#414

原田英代連続演奏会 SERIES 作曲家の絆 Vol.1
ボロディン弦楽四重奏団&原田英代
2012年3月5日 @浜離宮朝日ホール
Reported by 佐伯ふみ
Photo by 林喜代種

【曲目】
ブラームス:弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 Op.51-2
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44

 ピアニスト・原田英代の企画する連続演奏会、新シリーズの開幕である。シューベルト・チクルスに続く今回のシリーズでは、毎回、複数の作曲家を取り上げ、ピアノ・ソロ、室内楽、歌曲とヴァラエティに富んだ曲目で演奏会を組むという。第1回の当夜は、ブラームスとシューマンという、作曲のうえでも人生のうえでも濃密な関わりのあった2人の作曲家の作品。パートナーはボロディン弦楽四重奏団である。プログラムの曲目解説も原田自身。こうした演奏会を企画し実行する原田の気概を、まず称えたい。

 前半はボロディン弦楽四重奏団のブラームス。このカルテットの明るく伸びやかな音色は何ものにも代えがたい魅力。精緻なアンサンブルであるとともに、奏者の自発性も自然に発揮され、それぞれがよく歌う。どんなに激した曲想でも、決して余裕を失わない大人の音楽でもある。客席には長年のファンが集っている様子。温かい拍手を惜しみなく送り、会場はとても親密な良い雰囲気である。
 後半、いよいよ原田が登場して、シューマンの名曲、ピアノ・クインテット。覇気のある、骨太の立派な演奏。だが、出だしの第1楽章に限っては、少し肩に力が入りすぎたか。自然体でリラックスしたムードのカルテットに挑むかのようなピアノである。ピアノ・パートがソロで歌う部分、主張のある面白い入りだったが、繰り返しでもそのままそれをリピートするのはちょっとくどかったかも。
 しかし、違和感をおぼえたのは1楽章まで。楽章が進むにつれ、作為的に、挑戦的に聞こえるところがなくなって、とても自然な、三昧の境地とでも言うべき音楽が展開されていった。原田が素晴らしいアンサンブル・ピアニストでもあることをみずから証明した一夜であった。このシリーズは今後、さまざまな形のアンサンブルを聞かせてくれるらしい。原田がそれぞれのパートナーとともにどのような音楽を展開していくのか、今後が楽しみである。
 アンコールは、再びボロディンSQのみが舞台に戻り、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番2楽章〈アンダンテ・カンタービレ〉。肝心の主役、ピアニストが出てこないアンコールは意外だったが、ゲストに花をもたせたということか。ともかく、このアンダンテ・カンタービレが絶品。なんとも美しく流麗な響き。弦楽器とはかくも美しい音楽を奏でるものか。忘れがたいひとときとなった。  









WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW6.29 '14

FIVE by FIVE
#1105『Kavita Shah / Visions』(inner circle music)常盤武彦| #1106『Theo Croker / Afro Physicist』(DDB Records/OKer) 常盤武彦| #1107『Andreas Kurz Quartet / Caught Into Something Turning』(Double Moon Records) 伏谷佳代| #1108『Donauwellenreiter / Messëi』(Intuition) 伏谷佳代| #1109 『辛島文雄トリオ/ア・タイム・フォー・ラヴ』(PitInn) 望月由美| #1110 『モーツァルト:後期三大交響曲〜交響曲第39番、第40番、第41番/フランス・ブリュッヘン(指揮)18世紀オーケストラ』(GLOSSA) 藤原聡| #1111 『石井彰/エンドレス・フロウ』(Studio TLive Records) 悠雅彦| #1112 『山下洋輔xスガダイロー』(velvetsun/spaceshower) 稲岡邦弥| #1113『山下洋輔スペシャル・ビッグバンド/ボレロ|展覧会の絵』(Jamrice) 稲岡邦弥

COLUMN
追悼「ホレス・シルヴァー」1.オスカー・デリック・ブラウン 2.藤原清登| 連載フォト・エッセイ:「音の見える風景 Chapter34.セロニアス・モンク」望月由美| 撮っておきの音楽家たち #89 ラン・ラン(ピアニスト) 林 喜代種| 撮っておきの音楽家たち #90 ペペ・ロメロ(ギタリスト) 林 喜代種| タガララジオ 45 「Classic Tracks 374 - 382」 Niseko-Rossy Pi-Pikoe| 及川公生の聴きどころチェック#195『Jeff Cosgrove/Alternating Current』(Grizzley Music)| 及川公生の聴きどころチェック #196『ステファン・ツァピス/チャーリー・アンド・エドナ』(CLOUD/spaceshower)| 及川公生の聴きどころチェック #197 『辛島文雄トリオ/ア・タイム・フォー・ラヴ』(PitInn)

LIBRARY
#80『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#691「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2014 祝祭の日 (後編) 神野秀雄| #692「マティアス・ゲルネ|シューベルト三大歌曲集連続演奏会」藤堂 清| #693「デニス・コジュヒン〜ピアノ・リサイタル」悠雅彦| #694新国立劇場 新制作マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』|レオンカヴァッロ『道化師』佐伯ふみ| #695「Jack DeJohnette Trio」稲岡邦弥| #696「Miles Davis Way ブロックパーティ、NYC」本宿宏明| #697「ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル」丘山万里子| #698「ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)フィラデルフィア管弦楽団」藤原 聡| #699「パウル・バドゥラ=スコダ〜ラスト・コンサート」悠 雅彦| #700「ウィーン・カンマー・オーケストラ演奏会」丘山万里子| #701「ジェシ・ヴァン・ルーラー&トニー・オーヴァウォーター・デュオ|ハイレゾ・ライブレコーディング・コンサート」小橋敦子

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.