Concert Report#414

原田英代連続演奏会 SERIES 作曲家の絆 Vol.1
ボロディン弦楽四重奏団&原田英代
2012年3月5日 @浜離宮朝日ホール
Reported by 佐伯ふみ
Photo by 林喜代種

【曲目】
ブラームス:弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 Op.51-2
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44

 ピアニスト・原田英代の企画する連続演奏会、新シリーズの開幕である。シューベルト・チクルスに続く今回のシリーズでは、毎回、複数の作曲家を取り上げ、ピアノ・ソロ、室内楽、歌曲とヴァラエティに富んだ曲目で演奏会を組むという。第1回の当夜は、ブラームスとシューマンという、作曲のうえでも人生のうえでも濃密な関わりのあった2人の作曲家の作品。パートナーはボロディン弦楽四重奏団である。プログラムの曲目解説も原田自身。こうした演奏会を企画し実行する原田の気概を、まず称えたい。

 前半はボロディン弦楽四重奏団のブラームス。このカルテットの明るく伸びやかな音色は何ものにも代えがたい魅力。精緻なアンサンブルであるとともに、奏者の自発性も自然に発揮され、それぞれがよく歌う。どんなに激した曲想でも、決して余裕を失わない大人の音楽でもある。客席には長年のファンが集っている様子。温かい拍手を惜しみなく送り、会場はとても親密な良い雰囲気である。
 後半、いよいよ原田が登場して、シューマンの名曲、ピアノ・クインテット。覇気のある、骨太の立派な演奏。だが、出だしの第1楽章に限っては、少し肩に力が入りすぎたか。自然体でリラックスしたムードのカルテットに挑むかのようなピアノである。ピアノ・パートがソロで歌う部分、主張のある面白い入りだったが、繰り返しでもそのままそれをリピートするのはちょっとくどかったかも。
 しかし、違和感をおぼえたのは1楽章まで。楽章が進むにつれ、作為的に、挑戦的に聞こえるところがなくなって、とても自然な、三昧の境地とでも言うべき音楽が展開されていった。原田が素晴らしいアンサンブル・ピアニストでもあることをみずから証明した一夜であった。このシリーズは今後、さまざまな形のアンサンブルを聞かせてくれるらしい。原田がそれぞれのパートナーとともにどのような音楽を展開していくのか、今後が楽しみである。
 アンコールは、再びボロディンSQのみが舞台に戻り、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番2楽章〈アンダンテ・カンタービレ〉。肝心の主役、ピアニストが出てこないアンコールは意外だったが、ゲストに花をもたせたということか。ともかく、このアンダンテ・カンタービレが絶品。なんとも美しく流麗な響き。弦楽器とはかくも美しい音楽を奏でるものか。忘れがたいひとときとなった。  









WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW7.26 '15

FIVE by FIVE
#1234『マンボ・イン/ファイヴ・ブラザーズ』(MIP/アオラ) 小西敬一| #1235『奥平真吾/The New Force+1 This is New〜Live at Shinjuku PIT INN』(PitInn) 望月由美| #1236『Charlie Hunter Trio / Let The Bells Ring On』(Charlie Hunter Music) 常盤武彦 | #1237『Pete Rodriguez / El Conde Negro』(DESTINY RECORDS)常盤武彦| #1238『大凶風呂敷 DaiKyoFuroShiki/YUU 』(A Wild Flesh Productions) 剛田 武| #1239『望月治孝・近藤秀秋 / el idioma infinito』剛田 武| #1240『Charenee Wade / Offering The Music of Gil Scott-Heron and Brian Jackson』 (motéma music) 常盤武彦| #1241『Candice Hoyes / On a Turquoise Cloud』悠 雅彦

COLUMN
追悼特集 オーネット・コールマン R.I.P. Ornette Coleman
悠雅彦 Masahiko Yuh|カール・ベルガー Dr.Karl Berger|ロベルト・マゾッティ Roberto Masotti|オスカー・デリック・ブラウン Oscar Deric Brown|杉田誠一 Seiichi Sugita|望月由美 Yumi Mochizuki|常盤武彦 Takehiko Tokiwa|剛田 武 Takeshi Goda|小橋敦子 Atsuko Kohashi|稲岡邦弥 Kenny Inaoka|メモリアル Memorial

連載フォト・エッセイ:Reflection of Music 40「姜泰煥@宇都宮市be off 2014」横井一江| 特別寄稿 「アンダルシアへ――フラメンコギター留学記」関根彰良| 及川公生の聴きどころチェック#235『ロバート・グラスパー/カヴァード』(Blue Note/ユニバーサル・ミュージック)| 及川公生の聴きどころチェック#236『Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields』(artistShare )| 及川公生の聴きどころチェック#237『近藤秀秋/ASYL:アジール』(PSF Records)| 及川公生の聴きどころチェック#238『矢野沙織/Bubble Bubble Bebop』(日本コロムビア)| 及川公生の聴きどころチェック#239『Michiru/空話集 〜アレゴリア・インフィニータ』 (MICHIRU WORKS)| 及川公生の聴きどころチェック#240『高樹レイ with 中牟礼貞則/DUO-one』(Uplift Jazz Record)

JAZZ RIGHT NOW:
Report from New York(今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークから)#05: 「若者の主張」剛田武| 「連載第5回: ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報」シスコ・ブラッドリー| 「よしだののこのNY日誌 第3回」吉田野乃子| 「クリス・ピッツイオコス・インタビュー」シスコ・ブラッドリー

INTERVIEW
#140 末富健夫 Takeo Suetomi (ちゃぷちゃぷミュージック主宰)| #141 クリス・ピッツイオコスChris Pitsiokos (サクソフォン奏者|作曲家|即興演奏家)

EVENT
Racha Fora ハシャ・フォーラ CD『ハシャ・ス・マイルス』 発売記念ジャパン・ツアー2015

CONCERT/LIVE REPORT
#833「マイク・スターン・バンド featuring ヴィクター・ウッテン、ボブ・フランセスチーニ&ウィル・カルホーン」神野秀雄| #834「アート・リンゼイズ・レストレス・サンバguest :ジム・オルーク」神野秀雄| #835「横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ43〜竹澤恭子 堤剛 児玉桃」神野秀雄| #836「藤井郷子 3DAYS@新宿 Pit Inn」悠 雅彦| #837「初夏の風はジャズの薫り2015」竹ノ内和久| #838「NYの尖鋭・吉田ののこ/色彩の舞踏・航×Praha」剛田 武

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.