Concert Report#414

原田英代連続演奏会 SERIES 作曲家の絆 Vol.1
ボロディン弦楽四重奏団&原田英代
2012年3月5日 @浜離宮朝日ホール
Reported by 佐伯ふみ
Photo by 林喜代種

【曲目】
ブラームス:弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 Op.51-2
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44

 ピアニスト・原田英代の企画する連続演奏会、新シリーズの開幕である。シューベルト・チクルスに続く今回のシリーズでは、毎回、複数の作曲家を取り上げ、ピアノ・ソロ、室内楽、歌曲とヴァラエティに富んだ曲目で演奏会を組むという。第1回の当夜は、ブラームスとシューマンという、作曲のうえでも人生のうえでも濃密な関わりのあった2人の作曲家の作品。パートナーはボロディン弦楽四重奏団である。プログラムの曲目解説も原田自身。こうした演奏会を企画し実行する原田の気概を、まず称えたい。

 前半はボロディン弦楽四重奏団のブラームス。このカルテットの明るく伸びやかな音色は何ものにも代えがたい魅力。精緻なアンサンブルであるとともに、奏者の自発性も自然に発揮され、それぞれがよく歌う。どんなに激した曲想でも、決して余裕を失わない大人の音楽でもある。客席には長年のファンが集っている様子。温かい拍手を惜しみなく送り、会場はとても親密な良い雰囲気である。
 後半、いよいよ原田が登場して、シューマンの名曲、ピアノ・クインテット。覇気のある、骨太の立派な演奏。だが、出だしの第1楽章に限っては、少し肩に力が入りすぎたか。自然体でリラックスしたムードのカルテットに挑むかのようなピアノである。ピアノ・パートがソロで歌う部分、主張のある面白い入りだったが、繰り返しでもそのままそれをリピートするのはちょっとくどかったかも。
 しかし、違和感をおぼえたのは1楽章まで。楽章が進むにつれ、作為的に、挑戦的に聞こえるところがなくなって、とても自然な、三昧の境地とでも言うべき音楽が展開されていった。原田が素晴らしいアンサンブル・ピアニストでもあることをみずから証明した一夜であった。このシリーズは今後、さまざまな形のアンサンブルを聞かせてくれるらしい。原田がそれぞれのパートナーとともにどのような音楽を展開していくのか、今後が楽しみである。
 アンコールは、再びボロディンSQのみが舞台に戻り、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番2楽章〈アンダンテ・カンタービレ〉。肝心の主役、ピアニストが出てこないアンコールは意外だったが、ゲストに花をもたせたということか。ともかく、このアンダンテ・カンタービレが絶品。なんとも美しく流麗な響き。弦楽器とはかくも美しい音楽を奏でるものか。忘れがたいひとときとなった。  









WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW10.04 '14

FIVE by FIVE
#1127『Farmers By Nature : Gerald Cleaver・William Parker・Craig Taborn. / Love and Ghosts』 (AUM Fidelity AUM089/90) 多田雅範| #1128『People / 3x a Woman: The Misplaced Files』 (Telegraph Harp) 多田雅範/剛田武| #1129『チェカレリ、ピルク、ブラメリー/TWENTY』(Bonsai Music)望月由美| #1130『Ryan Keberle & Catharsis / Into The Zone』(Greenleaf Music) 常盤武彦| #1131『Orrin Evans / Liberation Blues 』(Smoke Sessions) 常盤武彦| #1132『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM) 多田雅範| #1133『ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)/J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻(全曲)』(DGG/ユニバーサルミュージック) 藤原聡| #1134『アントニオ・サンチェス / スリー・タイムス・スリー〜フィーチャリング・ブラッド・メルドウ-ジョン・スコフィールド-ジョー・ロバーノ』(CAM Jazz/キング・インターナショナル) 多田雅範| #1135『TReS /La Luna Roja (アルゼンチンの赤い月)』(ンバギ) 悠雅彦| #1136 『Jeff Denson & Joshua White / I’ll Fly Away』(pfMentum) 伏谷佳代| #1137『陰猟腐厭/初期作品集 1980-82』(EM Records) 剛田武| #1138『陰猟腐厭/抱握』(EM Records) 剛田武| #1139『佐藤允彦トリオ / 童心戯楽』 (BAJ Records) 横井一江| #1140『Akira Sakata, Johan Berthling, Paal Nilssen-Love / ARASHI』(Trost Records) 横井一江

COLUMN
緊急追悼特集 ケニー・ホイーラー:エンジェル・ソングス(ECM:マンフレート・アイヒャー/スティーヴ・レイク)|音楽とインスピレーションをありがとう(ヤコブ・ブロ)|心より So long!(高瀬アキ)|またひとつの個性が旅立った(横井一江)|Azimuthのライヴとクリニック(神野秀雄)|RIP(ロベルト・マゾッティ|車輪職人さん、さようなら(神子直之)|僕のいちばん好きなアルバム(稲岡邦弥)|巨匠逝く(アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ)
追悼 副島輝人(続):「常に新しきもの″を求めて ―ニュージャズホールからメールスまで―」玉井新二
連載フォト・エッセイ:音の見える風景 Chapter 35.「石井彰」望月由美| JAZZ meets 杉田誠一 Vol.91「浦邊雅祥 (アルトサックス奏者)」| 撮っておきの演奏家たち #93「岩崎 淑(ピアニスト)」林喜代種| 撮っておきの演奏家たち #94「ロリン・マゼール(指揮者)」林喜代種| カンザス・シティの人と音楽 #39 「カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・セレブレーション」竹村洋子| オスロに学ぶ Vol.23 「オスロ・ジャズ・フェスティバル 2014」 田中鮎美| ある音楽プロデューサーの軌跡 #31「反逆のジャズ・シリーズ」稲岡邦弥| 及川公生の聴きどころチェック #203「『TRIO 3 + Vijay Iyer / Wiring』(Intakt)| 及川公生の聴きどころチェック #204「『Mark Turner / Lathe of Heaven』(ECM)| 及川公生の聴きどころチェック #205『マンハッタン・ジャズ・オーケストラ/ボレロ』(Paddle Wheel)| 及川公生の聴きどころチェック #206『C.U.G.ジャズ・オーケストラ/Twenty Five and Counting!』(CUG Records)| LiveEvil 「001: ビッグバンドで甦る小学唱歌| 002: ミラノ・チャリティー・コンサートにまつわる忌まわしい事件を思い出す| 003: ふたりのアヴィシャイ・コーエン」稲岡邦弥

INTERVIEW
#129 来日直前緊急インタヴュー「ヤコブ・ブロ(ギタリスト)」 稲岡邦弥

CONCERT/LIVE REPORT
#710「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート 2014」 悠雅彦| #711「亀山香能・箏曲リサイタル〜江戸のヒットメーカー山田検校を聴く」悠 雅彦| #712「グンジョーガクレヨン+橋本孝之(.es)」 剛田 武| #713「作曲家の肖像」シリーズVol.98〈ビゼー〉」 藤原 聡| #714「藤井昭子/地歌 Live (第70回記念公演)」悠 雅彦| #715「オリヴィエ・メシアン ハラウィ〜愛と死の歌〜」藤堂 清| #716「三善晃/オペラ『遠い帆』」 丘山万里子| #717「第35回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」佐伯ふみ| #718「高瀬アキ with ハン・ベニンク『Two for Two』」悠 雅彦| #719『JAZZ ART せんがわ2014』 横井一江| #720『JAZZ ART せんがわ2014』 多田雅範| #721『JAZZ ART せんがわ2014』 剛田 武| #722「灰野敬二ライブ」 剛田 武| #723「第13回 東京ジャズ祭 2014」 悠 雅彦| #724「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神子直之| #725「ジャケス・モレレンバウム、パウラ・モレレンバウム & 伊藤ゴロー」 神野秀雄| #726「塩谷哲トリオ “ライヴ 2014”」 神野秀雄| #727「シカゴ・ジャズ・フェスティバル〜ゲイリー・バートン&トム・ハレル」 神野秀雄| #728 「モントルー・ジャズ・フェスティバル 2014 ジャパン・デイ」 神野秀雄

Copyright (C) 2004-2013 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.