Reviews on This Issue

  • #1557 『廣木光一・渋谷毅/Águas De Maio 五月の雨』

    ここでの廣木はこの高柳のコンセプトを継ぐクール派としての面目躍如で、渋谷を相手にクールにスイングし、新鮮である。

    Share Button
  • #1556『シャイ・マエストロ/ザ・ドリーム・シーフ』

    今、最も注目すべきイスラエル出身31歳のピアニスト、シャイ・マエストロの待望のECMデビューリーダーアルバム。あふれるアイデアを持つ若き才能がマンフレート・アイヒャーとの出会いで創作の転機を迎えた。

    Share Button
  • #1555 『Alexander von Schlippenbach + Aki Takase / Live at Cafe Amores』
    『アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ+高瀬アキ/ライヴ・アット・カフェ・アモレス』

    ベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラの活動と同時期に吹き込まれた、ピアノ表現の可動域をダイナミックに拡張させたデュオ作品。

    Share Button
  • #1554 『Elio Villafranca / Cinque』
    『エリオ・ヴィジャフランカ/チンクエ』

    19世紀の初めにシェラレオネからキューバ農園に連れてこられた、一人のキューバ黒人奴隷の物語を描いた叙事詩的ジャズ組曲。

    Share Button
  • #1553 『Dayramir Gonzalez / The Grand Concourse』
    『ダイラミーア・ゴンザレス/グランド・コンコース』

    アルバムは一言でいえば“キューバン・ガイ(キューバ人)・インNY”といった趣きの作品で、その楽曲のどれもが土の匂いを漂わせながらも都会的(NY的)でもある。

    Share Button
  • #1552 『Jessica Ackerley Trio / Coalesce』

    ポスト「メアリー・ハルヴァーソン」、ジャズギターの新星によるデビュー作。ハルヴァーソンとは異なる個性の発展を期待させる。

    Share Button
  • #1551 『Han-earl Park, Catherine Sikora and Nick Didkovsky / Eris 136199』

    逸脱を極めれば極めるほど、古典や伝統への親和性が高くなる。異才ギタリスト、パク・ハンアル率いる無名の小惑星の名前を持つトリオの演奏は、まだ誰も提唱していない「特殊逸脱性理論(Special Deviation Theory)」の確立なのかもしれない。

    Share Button

Reviews 全記事 ➡︎

Share Button