今月号目次

Monthly Editorial

  • John Coltrane “Both Directions at Once: The Lost Album” Delux Version

    悠々自適 #81「The Lost Album  よみがえったジョン・コルトレーン」 

    いかに辛口の評価を下そうと、ジョン・コルトレーンの残した音楽は不滅であり、半世紀以上も前の演奏がこうして世界中のジャズ・ファンの注目を浴びる彼の偉大さをいま改めて思わずにはいられない。

    Share Button

Features

  • INTERVIEW #173 ピーター・エヴァンス

    2018年9月の初来日を前にしたインタビュー。幼少時のこと、ソロ演奏のこと、新録の予定、日本のシーンへの期待を語る。

    Share Button
  • 9/15〜9/27 ピーター・エヴァンス初来日ツアー

    ニューヨークを拠点に活躍するトランペットの逸材ピーター・エヴァンスが9月に初来日!JAZZ ART せんがわを皮切りに、各地でゲストを迎えてツアーを行う。なお、本誌でNo. 244(8月5日更新)から3号連続でピーター・エヴァンスの特集を組む予定。

    Share Button

Jazz Right Now


Column

  • Reflection of Music Vol. 61 藤井郷子

    還暦記念『月刊藤井郷子』をリリース中の藤井郷子。同世代の衰えぬ創造意欲に、私はいつもその元気さを少しばかり分けてもらっている。

    Share Button
  • Marcus Miller: Laid Black

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #33 Marcus Miller <Untamed>

    Untamedと言うのは、野生の、という意味になる。やはりサファリなどアフリカをイメージした曲なのかも知れないが、『Afrodeezia』に収録されているようなルーツ色は薄く、自然にバックビートでグルーヴする曲、なのだが、初めて聞いた時一体この曲はどうなっているのかわからなかたのだ。そんな曲はこのアルバムを通してこの一曲だけであり、即座に楽曲解説の題材にしたいと思った。

    Share Button
  • タガララジオ51 track 423-432「猛暑とたたかう音楽、」

    左から、マイケル・フォーマネク、トーマス・フジワラ、益子博之、メアリー・ハルヴァーソン、

    Share Button
  • ある音楽プロデューサーの軌跡 #45「NADJAレーベル」

    結局、Nadjaレーベルは内外のアーチストの音源を中心に40タイトル以上の作品をリリースし、アーチスト自身によるいわゆるインディ・レーベルの台頭とともにその役目を終えたのだった。

    Share Button
  • Fashion-13-01

    ジャズ・ア・ラ・モード #13 女王達のファッション:エラ・フィッツジェラルドとサラ・ヴォーン

    エラ・フィッツジェラルドとサラ・ヴォーン。ジャズ史上最も有名な女性トップ・ジャズ・ヴォーカリスト達である。レディ・エラとディヴァイン・サラ。ジャズシンガーの女王達の数ある写真の一部から、彼女たちの存在感溢れる姿とファッションを見て欲しい。

    Share Button
  • Live Evil #36 「jazz concerto プレ演奏会」

    今回の企画のポイントは、jazz concerto。オケ(ビッグバンド)とソロイストの協奏だ。しかも、ノンPAでワンポイント録音に挑戦するという。

    Share Button
  • Hear, there and everywhere #12『クニ三上/0才からのジャズ〜Keep on Swingin’』

    「高齢者、障がい者、そして赤ちゃん連れ、と色々な人が一緒に楽しめるコンサート、が実は私の理想でもあります」と横田さんは言う。

    Share Button
  • スピリチュアル SF 「紙魚の夢」
    金野onnyk吉晃

    「世界の歴史は偶然の積み重ねなのか、目的があってこうなったのか....」
    「貴方はその問いを解かなければならないわ」

    Share Button
  • #449 『シワブキ/GENERATORS』

    ギターのライン収録のエフェクト効果が骨太なので、時に管楽器のアドリブかと、一瞬のサウンド風景が浮かび上がる。

    Share Button
  • #447『THE BLIND SWORDSMAN~侠(おとこ)』

    制作意図が作り出すサウンドの世界観が面白い。

    Share Button

Reviews

  • Marcus Miller: Laid Black

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #33 Marcus Miller <Untamed>

    Untamedと言うのは、野生の、という意味になる。やはりサファリなどアフリカをイメージした曲なのかも知れないが、『Afrodeezia』に収録されているようなルーツ色は薄く、自然にバックビートでグルーヴする曲、なのだが、初めて聞いた時一体この曲はどうなっているのかわからなかたのだ。そんな曲はこのアルバムを通してこの一曲だけであり、即座に楽曲解説の題材にしたいと思った。

    Share Button
  • #1543『曽根麻央/インフィニット・クリーチャー』

    曽根麻央という演奏家がピアニストとして、同時にトランペッターとして、かつ作曲家として、新しい音楽家像を作り上げる期待に胸躍らせる無二の新鋭として登場したことを喜びたい

    Share Button
  • #1542 『Rova Saxophone Quartet / In Transverse Time』

    ウェストコースト・アンダーグラウンドのオリジネーターのひとつロヴァ・サクソフォン・カルテットの40周年記念アルバム。コンポジションにフォーカスし、円熟と野心に満ちた、次の10年への所信表明といえる渾身作。

    Share Button
  • #1541『Mahobin / Live at Big Apple in Kobe』

    ロッテ・アンカー、モリイクエ、田村夏樹、そして藤井郷子。あまりにも個性的な音楽家の演奏が、見事な手腕により作曲作品として噛み合って、優れた舞台を観た後のような印象を残す作品。

    Share Button
  • #1540 『謝明諺 / 上善若水 As Good As Water』

    台湾の雄・謝明諺(シェ・ミンイェン)が、豊住芳三郎、李世揚との即興セッションを行った。極めて自然に汎東アジア的な音の物語を提示してくれるアルバムであり、三者の異なるバックグラウンドや経験を反映してか、サウンドは天地のあちこちをさまよい、そのつかみどころのなさがまた大きな魅力となっている。

    Share Button
  • #1539 『Dystil』

    ブライアン・キュー、クインシー・メイズ、マーク・バリクによる鮮烈な初リーダー作。曲のひとつひとつが夢、あるいは映画の忘れがたい断片を想起させるように聴こえる。夢の世界を彷徨うようでありながら、音要素の数々は奇妙にリアルに迫るサウンドである。そのギャップが、音楽を開かれたものにしている。

    Share Button

Concert/Live Report

  • #1022 山下洋輔スペシャル・ビッグバンド・コンサート  2018

    普段ならコンサートが終わればさっさと席を立って家路を急ぐはずの私が、ようとして席から立てないほど感動に身を震わせるのがやっとだった。

    Share Button
  • #1021 藤本昭子~地歌ライヴ 2018

    地歌ライヴに情熱の限りを注ぎ込んできた藤本昭子の求道会館での最後の姿を目にとどめておこうというファンや支援者たちの一途な思いが、この人、人、人で溢れかえるファイナル公演の異様な盛り上がりを生みだしたといって良いのではないだろうか。

    Share Button
  • #1020 第20回ビッグバンド・フェスティバル

    1802人のキャパシティーを持つホールの客席が、この日を楽しみにしていた人々でみるみる埋まっていく。

    Share Button
  • #1019 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第341回定期演奏会 

    尾高忠明の指揮はまるで物語を語るように、ときに古いお伽話を語るように絵筆をとって音のキャンバスへオケを滑らせて目を見張らせた。

    Share Button
  • #1018 永武幹子×齋藤徹

    気鋭の「ジャズピアニスト」・永武幹子が大きな即興演奏の音楽家・齋藤徹に挑んだ。一期一会の相互越境。

    Share Button

Interviews

  • INTERVIEW #176 「曽根麻央」

    クラーベを理解することが世界の音楽との共通言語を習得する早道なのです。

    Share Button
  • INTERVIEW #175「望月由美」

    ジャズは鮮度が一番です。ジャズの伝統を尊びながらいつ、何回聴いてもあきることなく、古さを感じさせないアルバムを揃えることができたと思っています。

    Share Button
  • INTERVIEW #174 武田理沙

    21世紀のスキッツォイド・ウーマン、ピアニスト&ドラマーの武田理沙が満を持してのデビュー作を8月8日にリリースする。第1作にしていきなりミュージシャンとしての総決算を果たしたかのような濃厚な内容だ。

    Share Button
  • INTERVIEW #173 ピーター・エヴァンス

    2018年9月の初来日を前にしたインタビュー。幼少時のこと、ソロ演奏のこと、新録の予定、日本のシーンへの期待を語る。

    Share Button

及川公生の聴きどころチェック

  • #451 『曽根麻央/インフィニット・クリーチャー』

    録音と音楽的内容が、うまく絡んだ録音である。

    Share Button
  • #450 『RHIZOME 1st album / Plays the Beatles』

    エンジニアの思考が聞こえて来る。

    Share Button
  • #449 『シワブキ/GENERATORS』

    ギターのライン収録のエフェクト効果が骨太なので、時に管楽器のアドリブかと、一瞬のサウンド風景が浮かび上がる。

    Share Button
  • #448 『Sabu Toyozumi|Rick Coutryman|Simon Tan / The Center of Contradiction』

    不思議にドラムに適当な空気感があって、これが立体感を造る。

    Share Button
  • #447『THE BLIND SWORDSMAN~侠(おとこ)』

    制作意図が作り出すサウンドの世界観が面白い。

    Share Button

Share Button