Monthly Editorial

Features

Reviews

  • #1614 『Gerald Cleaver, Nels Cline, Larry Ochs / What Is To Be Done』

    特定のスタイルを標榜する訳ではないが、この潔さは即興音楽スリーピースの極意と言えるに違いない。パーマネントなトリオではないことを重々承知の上で言わせてもらえば、Improvised Music最上のトライアングルである。

  • #1613 『Sluggish Waltz スロッギーのワルツ』

    齋藤徹は、再び、ことばを中心に据えたプロジェクトを形作った。それは音楽だけではない。同時代の詩人たちが詩を持ち寄り(齋藤の幼馴染であった渡辺洋は故人ゆえ、齋藤が渡辺の詩を選んだ)、松本泰子が歌い、庄﨑隆志が踊る。また詩人たちも朗読などによってテキストだけではないかかわりを持つ。

More >>

Interviews

More >>

Column

More >>

Concert/Live Report

More >>

及川公生の聴きどころチェック

More >>